[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ、熱投PSで惑わせた“超遅球カーブ”が米話題「これはフェアじゃない」

米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は7日(日本時間8日)、メッツとの地区シリーズ進出決定戦第1戦に先発。7回6安打1失点、101球の熱投でソロ本塁打1本に抑え、大事な初戦を7-1の勝利に導いた。この試合では速度の遅い変化球も話題に。打者を幻惑し、米ファンからは「これはフェアじゃない」「エグすぎる」と反響が集まっている。

地区シリーズ進出決定戦第1戦、7回6安打1失点で勝ち投手となったパドレスのダルビッシュ有【写真:Getty Images】
地区シリーズ進出決定戦第1戦、7回6安打1失点で勝ち投手となったパドレスのダルビッシュ有【写真:Getty Images】

メッツ戦で7回1失点、勝利に導く

 米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は7日(日本時間8日)、メッツとの地区シリーズ進出決定戦第1戦に先発。7回6安打1失点、101球の熱投でソロ本塁打1本に抑え、大事な初戦を7-1の勝利に導いた。この試合では速度の遅い変化球も話題に。打者を幻惑し、米ファンからは「これはフェアじゃない」「エグすぎる」と反響が集まっている。

 重要なポストシーズン(PS)の初戦で好投したダルビッシュ。7回に投じたスローカーブが注目を集めた。代打・ギローメを0-2と追い込んだ3球目、67マイル(約107.8キロ)のドロンと弧を描いて縦に落ちるボールでタイミングを外した。待ちきれなかったギローメは空振り三振。緩急自在の投球で翻弄した。

 実際の映像をツイッターに公開したのは、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏。「ユウ・ダルビッシュ、焦らす67マイルのカーブ」と記して投稿すると、「一言。エグイ」「彼は圧倒的だったね」「マジでヤバい」「これはフェアじゃない」「エグすぎる」と米ファンからコメントが集まった。

 さらにMLB公式、米スポーツ専門局「ESPN」などに寄稿するスポーツジャーナリストのサラ・ラングス氏は、「面白い三振を見たい? ユウ・ダルビッシュがギローメから奪った67.1マイルの三振は、2018年4月27日の64マイル(約103キロ)の三振以降で最も球速の遅い三振。前回2016年8月6日は63.4マイル(約102キロ)の遅さで空振り三振を取っている」とツイッターでデータを紹介していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集