[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

横峯さくら、ショット見直し暫定2位発進 意識したのは「出産でなくなった腹筋」

女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディスホンダが7日、静岡・東名CC(6570ヤード、パー72)で開幕した。しかし、初日は降雨で午後0時2分から中断、そのまま悪天候によるコースコンディション不良で順延となり、出場107人(1人棄権)がホールアウトできなかった。9ホールを終えた横峯さくら(エプソン)は3バーディー、1ボギーの2アンダーで暫定2位。強い風雨と気温14.1度の寒さの中、耐えるゴルフで好発進した。

横峯さくら【写真:Getty Images】
横峯さくら【写真:Getty Images】

スタンレーレディスホンダ初日はサスペンデッド

 女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディスホンダが7日、静岡・東名CC(6570ヤード、パー72)で開幕した。しかし、初日は降雨で午後0時2分から中断、そのまま悪天候によるコースコンディション不良で順延となり、出場107人(1人棄権)がホールアウトできなかった。9ホールを終えた横峯さくら(エプソン)は3バーディー、1ボギーの2アンダーで暫定2位。強い風雨と気温14.1度の寒さの中、耐えるゴルフで好発進した。

 中断の直前、9番パー4で17メートルのロングパットを決めた横峯。グリーンは大量の雨を含んだ状態だったが、パターを強くヒットさせてボールをカップに届かせた。

「いっぱいいっぱいのゴルフでしたが、4番ホールからは自分が注意するポイントに気を付けたら、フェアウェーをとらえることができましたし、8、9番でバーディーを獲ることができたので、そこは良かったです」

 日本女子オープンに出場できなかった前週は、練習でショットを見直した。「リズムばかりを気にしていて、振ることを忘れていました」。その上で、体幹と「出産でなくなった腹筋」を意識してスイングすることを心掛けた。しかし、この日は3ホール目まで、それが頭から抜けていたという。

「普通の選手が(無意識に)できることをできていない感じです。なのに3ホール目まで意識することを忘れていました」

 ただ、今後は1ホール、全てのショット、ストロークが大事になってくることも自覚している。現在、メルセデス・ランキング(MR)76位。今季も残りわずかで、来季シード権獲得の50位以内に入るには、上位フィニッシュを重ねていく必要があるからだ。

「シード権を獲ることが目標ですが、その中で勝てたら最高です。目の前の一打一打に集中し、やるべきことをしっかりやっていきたいです」

 競技は順延。第2日は27ホール消化を目指す長丁場になるが、36歳の横峯は「天気が良くなって伸ばし合いになると思います。メリハリをつけてプレーしたいです」と前を向いた。体幹と腹筋を意識しながら、2014年11月、大王製紙エリエールレディス以来8年ぶりの優勝を目指す。

 暫定首位は12ホールを消化し、4アンダーの工藤遥加(フリー)。2アンダーの2位に横峯の他、吉田優利(エプソン)、上田桃子(ZOZO)もつけている。大会側の発表によると、第2日は初日の組み合わせを変更せずに競技を継続する。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集