[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

張本智和、試合前に「やばい、緊張してきた」 殊勲の2勝の裏側を田勢監督が明かす【世界卓球】

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が7日、中国・成都で行われ、男子準々決勝に臨んだ世界ランク3位の日本は、同9位のポルトガルを3-1で破り、2大会ぶりのメダルを確定させた。エース張本智和は圧巻の内容で2勝を挙げ、5大会連続メダルが途切れた前回2018年大会のリベンジを果たした。試合前には「やばい、緊張してきた」と告白。男子の田勢邦史監督が試合中のやり取りも含めて明かした。

第4試合に勝利し、チームメイトと歓喜の抱擁を交わす張本智和【写真:Getty Images】
第4試合に勝利し、チームメイトと歓喜の抱擁を交わす張本智和【写真:Getty Images】

世界卓球団体戦男子準々決勝でポルトガル撃破

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が7日、中国・成都で行われ、男子準々決勝に臨んだ世界ランク3位の日本は、同9位のポルトガルを3-1で破り、2大会ぶりのメダルを確定させた。エース張本智和は圧巻の内容で2勝を挙げ、5大会連続メダルが途切れた前回2018年大会のリベンジを果たした。試合前には「やばい、緊張してきた」と告白。男子の田勢邦史監督が試合中のやり取りも含めて明かした。

 第1試合で戸上隼輔が1勝、第2、4試合に出場した張本の2勝でメダルを確定させた日本。試合後、田勢監督は少し目を潤ませながら喜びを口にした。

「嬉しいです。よく取ってくれたなと思う。前回はメダルを取れなくて、4年ぶりの開催。そういった中でよく頑張って獲ってくれた。選手を褒めてあげたいなと思います。智和が引っ張ってくれた。多くのプレッシャーがある中で、しっかりと2点を取る。しっかり締めてくれたなとは思います。(張本以外)初出場が3人だって騒がれた中で、よくこれだけの試合をやってメダルを取ってくれた。まずは選手たちを褒めてあげたい」

 第4試合に登場した張本は世界ランク33位フレイタスと対戦。勝てば念願のメダルとなる中、第1ゲーム(G)は相手のサーブに対応できず、7-11と落とした。田勢監督は「智和は世界卓球の団体戦でメダルを取ったことがない。だから、取りたい気持ちが表に出過ぎちゃっていた。1ゲーム目はちょっと我慢ができなかったですね」と説明。第2Gの前にこう言葉をかけたという。

「一つ一つの技術を丁寧にやること。勝ちたいんだったら一つ一つ。もう一本、一本やるんだよ」

 落ち着きを取り戻した張本は、第2Gに11-7と逆襲。その後も11-4、11-3と圧倒して逆転勝利を収め、絶叫した。指揮官は「彼の技術力であれば、問題ないだろうなと思ったので。もうそれだけで送り込みました」と信頼。この日は事前にスタッフから戸上が緊張していると伝えられ、張本も「やばい、緊張してきた」と漏らしてきたという。

「自然とそういうふうになって来ていたんだなと思いました。(第1試合の前に)ベンチに行った時、『出る選手はもちろんだけど、あとのベンチの選手も声を出して盛り上げていくよ』と伝えました」

 張本も「メダルが目の前にあるので、昨日までとはまた違う緊張感があった。それを言葉にして、田勢監督、他のスタッフも言いやすい雰囲気を作ってくれるので、(気持ちを)言えばちょっと楽になった。本当にチームの雰囲気だと思ってます」と感謝した。

 3位決定戦がないため、これでメダル確定。準々決勝敗退に終わった前回2018年大会のリベンジを果たした。田勢監督は「気持ちを切り替えて、2段、3段とギアを上げて臨みたい」と気合い。準決勝は8日、中国とスウェーデンの勝者と対戦する。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集