[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大逆転勝利の及川瑞基 自ら消した「今日も負ける」の弱気「吹っ切れるしかないと…」

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が3日、中国・成都で行われ、男子グループリーグ第3戦に臨んだ世界ランク3位の日本は、同12位の香港に3-1で勝ち、3連勝でグループ単独首位に浮上した。3試合目で及川瑞基(木下グループ)が大逆転勝利。最終ゲームは一時5点リードを奪われながらも勝利し、取材エリアでは「率直に嬉しい」と安堵していた。

世界卓球香港戦、ガッツポーズする及川瑞基【写真:Getty Images】
世界卓球香港戦、ガッツポーズする及川瑞基【写真:Getty Images】

世界卓球・男子日本がグループ単独首位に

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が3日、中国・成都で行われ、男子グループリーグ第3戦に臨んだ世界ランク3位の日本は、同12位の香港に3-1で勝ち、3連勝でグループ単独首位に浮上した。3試合目で及川瑞基(木下グループ)が大逆転勝利。最終ゲームは一時5点リードを奪われながらも勝利し、取材エリアでは「率直に嬉しい」と安堵していた。

 1勝1敗で迎えた第3試合。及川は呉柏男と対戦した。第1ゲームは打ち合うシーンが多かったがフォアドライブでのミスもあって5-11で落とした。第2ゲームは11-7で取り返したが、第3ゲームは競り負けて7-11。第4ゲームは積極的な攻めが奏功して11-6と奪い返し、最終ゲームは一時2-7とリードを許しながらも強気のレシーブを貫き、12-10と逆転勝利を収めた。

 試合後、取材エリアで及川は「率直に嬉しい」と安堵し、「昨日、あまりにもふがいない試合をしてしまい、エースの張本選手が思い切った試合ができず、2-2で苦しい試合になった。どうしても勝ちたいという気持ちで試合をした」とこの試合にかける思いを語った。

 前日ルーマニア戦では1ゲームも奪えずに敗戦。「チームは勝ったけれど、自分が負けたので落ち込んでしまった」というが、「トーナメントは長丁場。落ち込んではチームに迷惑をかけるので気持ちを切り替えて向かっていこうと」と必死に前を向き、この日を迎えた。

 初対戦の相手。「出だしのサーブの感じ、ラリーのテンポに迷ったが、2セット目以降で相手の弱いところを早く見つけたり、勝ち負け気にせず自由にやることを意識した。そこが良かった」と振り返った。試合中には「今日も負けてしまうんだな……」と弱気になる場面もあったと正直に語りながら「吹っ切れていくしかないと思った。自分の良さは粘り強さ、泥臭さ。絶対に忘れずやった方がいい。世界を相手でも緊張した一打の場面で出てくる。最後の一本で出たと思う」と語った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集