[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平を「引きずり下ろせた」 屈辱寸前の敵将はむしろ打線称賛「我々の努力の証だ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場し、8回2死までノーヒットノーランの快投。8回2安打1四球無失点10奪三振で自己最多15勝目を挙げ、史上初の投打規定到達にあと1イニングに迫った。完全に抑え込まれたアスレチックスの監督は「変化球のコンボで打者を圧倒し、全てを低めに集めた」とお手上げ状態だった。

アスレチックス戦後に同僚とハイタッチするエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
アスレチックス戦後に同僚とハイタッチするエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

アスレチックスのコッツェイ監督「安打を放つまでチャレンジだった」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場し、8回2死までノーヒットノーランの快投。8回2安打1四球無失点10奪三振で自己最多15勝目を挙げ、史上初の投打規定到達にあと1イニングに迫った。完全に抑え込まれたアスレチックスの監督は「変化球のコンボで打者を圧倒し、全てを低めに集めた」とお手上げ状態だった。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 初回先頭で四球となって以降、8回2死まで大谷に無安打に抑え込まれたアスレチックス。ノーヒッターまであと4人から初安打をカペルが放ち、連打で一、二塁としたものの、最後は凡退。9回は救援陣を攻めて2点を奪ったのとは対照的に二刀流には完全にやられた。

 米カリフォルニア州地元局「NBCスポーツ・ベイエリア」によると、アスレチックスのマーク・コッツェイ監督は、大谷から安打を放つのが難しかった理由について「今夜、彼は変化球を多く投げてきた。直球は少なかったね。序盤はスライダーにカットボール、スプリットのコンボで打者を圧倒し、全てを低めに集めていたね。安打を放つまでチャレンジだったよ」と語り、変化球主体の投球に手を焼いたという。

 それでも、ノーヒッターはあと4人のところで阻止。「我々はみんなプライドを持っている。誰もノーヒッターを許したくないもの。だから、ベンチ内はみんな何が起きているかはわかっていた」と振り返った上で「これは常にチーム全体の努力の証。選手たちは協力し合い、オオタニを試合から引きずり下ろすことができた」と敗れながらも意地を示し、選手たちを称賛した。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集