[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジャッジ61号の客席最前列で生まれた感動の名場面 米話題「素敵な瞬間」「美しいハグ」

米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が28日(日本時間29日)、敵地ブルージェイズ戦の7回に61号2ランを放った。1961年にロジャー・マリスが打ち立てたリーグ記録に到達。歴史的瞬間を見守った客席では感動的なシーンが発生した。米記者は「素敵な瞬間」「美しいハグ」と伝えている。

リーグ記録に並ぶ61号2ランを放ったアーロン・ジャッジ【写真:Getty Images】
リーグ記録に並ぶ61号2ランを放ったアーロン・ジャッジ【写真:Getty Images】

61年ぶりにロジャー・マリスのリーグ記録に並ぶ快挙

 米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が28日(日本時間29日)、敵地ブルージェイズ戦の7回に61号2ランを放った。1961年にロジャー・マリスが打ち立てたリーグ記録に到達。歴史的瞬間を見守った客席では感動的なシーンが発生した。米記者は「素敵な瞬間」「美しいハグ」と伝えている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 この2人にとっても特別な瞬間だった。3-3で迎えた7回無死一塁の第4打席、ジャッジは左腕メイザから61号2ランを放った。敵地にも関わらず、総立ちとなった客席。その最前列で2人の男女が見守っていた。ジャッジの母とマリスの愛息だった。打った瞬間、ジャッジの母は確信したのか、満面の笑み。両手を挙げて打球の行方を見守った。着弾すると、隣に座っていたマリスの愛息が声をかけ、抱擁を交わした。

 2人の様子が撮影されていた映像を自身のツイッターで公開した米紙「ニューヨーク・タイムズ」のニール・ビグダー記者は「アーロン・ジャッジの母、パティーとロジャー・マリスJr.の素敵な瞬間」と紹介。米紙「USAトゥデー」のボブ・ナイチンゲール記者も「アーロン・ジャッジの母親とロジャー・マリスJr.が美しいハグを交わした。歴史を祝っている」と伝え、ファンの感動を誘っていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集