[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳馬場咲希、裸眼のままメジャー初挑戦 左右の視力違いもコンタクト着けず「感覚で」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンが29日、千葉・紫CCすみれC(6839ヤード、パー72)で開幕する。前日の28日は、日本人として37年ぶりに全米女子アマチュア選手権を制した馬場咲希(代々木高2年)が会見。初めて日本代表のウェアを着てツアー大会に出場することを喜んだ。その一方で、周囲の勧めで検討していたコンタクトレンズの装着はせず、裸眼のままプレーすることを明かした。

日本女子オープンで練習ラウンドを回った馬場咲希【写真:編集部】
日本女子オープンで練習ラウンドを回った馬場咲希【写真:編集部】

29日から日本女子オープン

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンが29日、千葉・紫CCすみれC(6839ヤード、パー72)で開幕する。前日の28日は、日本人として37年ぶりに全米女子アマチュア選手権を制した馬場咲希(代々木高2年)が会見。初めて日本代表のウェアを着てツアー大会に出場することを喜んだ。その一方で、周囲の勧めで検討していたコンタクトレンズの装着はせず、裸眼のままプレーすることを明かした。

 馬場は「日の丸」が入ったキャップとウェアで、練習ラウンドをした。8月の世界アマチュアチーム選手権から日本代表入り。日本ゴルフ協会(JGA)の特別承認で今大会出場が決まったこともあり、「ナショナルチームのユニホームに憧れていたのでうれしいです」と声を弾ませた。

 国内メジャー大会初挑戦の馬場に限らず、日本女子アマチュア選手権優勝者、日本ジュニア選手権優勝者らレベルの高いアマチュアも多数出場。ローアマ争いも注目される。その中、2週前の住友生命Vitalityレディス東海クラシックで予選落ちした馬場は、地道にショットを調整。「今週の調子は悪くないです」と言ったが、スコアはパットの出来が大きく影響する。

 周囲は左目0.3、右目0.7の視力状態を心配し、「コンタクトを装着してプレーした方がいいのでは」と勧めていたが、「このままでいきます。ずっとそうしてきたので」と言った。パットラインの読みについては「(キャディーの坂詰和久)コーチと相談しながら、自分でも読みます。感覚で」と話しており、自分のスタイルを通すことを強調した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集