[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

86敗目エンゼルス トラウタニ躍動も今季初の“悲しい”記録誕生 米辛辣「解放して」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)の敵地ツインズ戦に「3番・DH」で先発出場。3回の第2打席に2点適時打を放ったが、4-8で敗れた。エンゼルスは昨季敗戦数を上回る86敗目。この試合で生まれた“悲しい”今季初の記録を米スポーツ専門局「ESPN」が紹介している。

敵地ツインズ戦に「3番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
敵地ツインズ戦に「3番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷、トラウトが共に2打点も敗戦

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)の敵地ツインズ戦に「3番・DH」で先発出場。3回の第2打席に2点適時打を放ったが、4-8で敗れた。エンゼルスは昨季敗戦数を上回る86敗目。この試合で生まれた“悲しい”今季初の記録を米スポーツ専門局「ESPN」が紹介している。

 0-3で迎えた3回1死、まずは2番マイク・トラウト外野手の適時打で1点を返すと二塁、三塁として、大谷を迎えた。1-2からの5球目、外角高めの94マイル(約151.2キロ)をセンター前に弾き返す2点適時打を放った。

 主砲2人の連打で一気に3点差を追いついたエンゼルスだったが、投手陣が崩壊。最終回にトラウトが犠飛を放ち2打点目を挙げるも、時すでに遅し。4-8で敗れ、今季86敗目。地区4位で終わった昨季の85敗を上回った。

「ESPN」のスタッツ専門ツイッター「ESPNスタッツ&インフォ」はこの敗戦に着目。「今夜の試合はショウヘイ・オオタニとマイク・トラウトが共に複数打点を挙げて負けた今季初の試合だった」と文面につづり、MVPコンビの活躍も勝利に及ばなかった事実に注目した。

 この投稿に米ファンも反応。「両者をトレードに出して」「早くチームを去るべきだ」「最高の選手の全盛期を無駄にしている」「彼らを苦しみから解放して」などと辛辣な意見が並んだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集