[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本代表W杯ユニが対戦した米国のファンに好評「現時点で最高」「ポルトガルより良い」

ドイツ遠征中のサッカー日本代表は23日に行われたキリンチャレンジカップで米国代表に2-0で勝利を収めた。終了間際に挙げたMF三笘薫(ブライトン)の“ヌルヌル”ドリブルからのゴールなどが話題を集めたが、米メディアはお披露目となった日本代表のW杯仕様ユニホームに注目。洗練されたデザインを「カッコいい」と称賛した。

チーム2点目を決めて原口(右)とハイタッチする三笘【写真:ロイター】
チーム2点目を決めて原口(右)とハイタッチする三笘【写真:ロイター】

23日の米国代表戦でお披露目された新デザインのユニホーム

 ドイツ遠征中のサッカー日本代表は23日に行われたキリンチャレンジカップで米国代表に2-0で勝利を収めた。終了間際に挙げたMF三笘薫(ブライトン)の“ヌルヌル”ドリブルからのゴールなどが話題を集めたが、米メディアはお披露目となった日本代表のW杯仕様ユニホームに注目。洗練されたデザインを「カッコいい」と称賛した。

 もはや注目は自国のプレーではなかったようだ。米国代表にとっても日本代表との試合は11月のカタールW杯に向けての重要な強化試合だったが、見せ場も作れずに敗戦。後半43分のシーンでは守備陣が、三笘のドリブルに文字通り“手も足も出せず”に失点を喫した。

 そんな中、米スポーツ専門局「ESPN」サッカー専門ツイッターは日本代表の1点目を挙げたMF鎌田大地(フランクフルト)が両手を広げて喜ぶ写真を掲載。鎌田のゴールとともに、日本代表がこの試合から着用した“新戦闘服”で、「ORIGAMI」をコンセプトとした新ユニホームをクローズアップした。文面では「日本のW杯ユニホームはカッコいい」と紹介している。

 これには米ファンからも「ポルトガルの方がかっこいいよ」「ポルトガルよりいいよ」といった他国ユニホームとの比較だけでなく、「キャプテン・ツバサはちょっと違う感じだよね」「最高」「めちゃイケてる」「選手がかっこいい」「今までのところ最高だと思う」「彼らはいつも美しいユニホーム着てるよ」といった反響が寄せられている。

 日本代表の次戦は27日、独デュッセルドルフでエクアドル代表と対戦する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集