[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三笘薫、誰も触れない“ヌルヌル”ドリブル弾に米衝撃「守備2人がU-20選手みたいに…」

ドイツ遠征中のサッカー日本代表は23日に行われたキリンチャレンジカップ米国代表戦で2-0の勝利を収めた。途中出場のMF三笘薫(ブライトン)は後半43分に持ち前の“ヌルヌル”ドリブルから鮮やかなゴール。誰も触ることができない幻惑技術に相手の米国ファンから「圧力はどこ?」「切り裂いた」と衝撃の声が上がっている。

米国戦でチーム2点目となるゴールを決めた三笘【写真:ロイター】
米国戦でチーム2点目となるゴールを決めた三笘【写真:ロイター】

米国戦の後半43分に日本代表の勝利を決定づける2点目

 ドイツ遠征中のサッカー日本代表は23日に行われたキリンチャレンジカップ米国代表戦で2-0の勝利を収めた。途中出場のMF三笘薫(ブライトン)は後半43分に持ち前の“ヌルヌル”ドリブルから鮮やかなゴール。誰も触ることができない幻惑技術に相手の米国ファンから「圧力はどこ?」「切り裂いた」と衝撃の声が上がっている。

 真骨頂を発揮した。1-0で迎えた後半43分、左サイドのアタッキングサード付近でパスを受けた三笘はドリブルを開始。対峙した米国DFを右に、左に振ると、後方から襲い掛かった相手も右手でブロック。ペナルティーエリアに入ってから一つフェイクを入れてDFの体勢を崩すと、右足を振り抜いてゴール右隅に決めた。

 米スポーツ専門局「ESPN」サッカー専門ツイッターは「日本が米国相手に2-0勝利で国際マッチウィークの幕を開けた」と記して動画を公開した。海外ファンからは「守備の圧力はどこだ?」「我々はダメだな」「マジか」「ドリブルを止めろよ!」「11月までにちゃんとしてくれよ」「キャノンとアダムズをU-20の選手みたいに切り裂いちゃったな」と米国の無力さを嘆く声が続出。一方で「このドリブルのシンプルさを見てよ。それでも彼は得点した」と三笘の“ヌルヌル”ドリブルの凄さを称賛する声も上がっている。

 日本代表8試合の出場となった三笘はこれで5得点目。そのうちの3点が途中出場からのゴールとなっている。日本代表は27日にエクアドル代表と対戦する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集