[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフの「ニューヒロイン誕生に身震い」 19歳川崎春花が演じた18番の結末に反響

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が11日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で行われ、4打差4位から出た地元・京都出身の19歳ルーキー・川崎春花(フリー)が64で回り、通算16アンダーで逆転Vを飾った。2014年の鈴木愛(20歳128日)を上回り、大会史上最年少となる19歳133日で優勝。予選会から出場したシンデレラガールが、ツアー初Vを国内メジャー制覇という快挙で飾った。際立ったのは最終18番の結末。7メートルのパットをねじ込み、歴史的Vを決定づけた。ファンからは「ニューヒロイン誕生に身震いした」の声が上がった。

最終日8番でピースサインを作った川崎春花【写真:Getty Images】
最終日8番でピースサインを作った川崎春花【写真:Getty Images】

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が11日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で行われ、4打差4位から出た地元・京都出身の19歳ルーキー・川崎春花(フリー)が64で回り、通算16アンダーで逆転Vを飾った。2014年の鈴木愛(20歳128日)を上回り、大会史上最年少となる19歳133日で優勝。予選会から出場したシンデレラガールが、ツアー初Vを国内メジャー制覇という快挙で飾った。際立ったのは最終18番の結末。7メートルのパットをねじ込み、歴史的Vを決定づけた。ファンからは「ニューヒロイン誕生に身震いした」の声が上がった。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 この結末に新時代のヒロイン誕生の予感がした。後半だけで4連続を含む、怒涛の5バーディーを奪った川崎が迎えた18番パー4。7メートルの距離を残していたが、19歳は冷静だった。緩やかなフックラインを読み、打ち出したボールはピン方向へ。「入れ!」という大ギャラリーの後押しを受け、そのままカップイン。神がかりの猛ラッシュをバーディーで締め、はにかむような笑みを浮かべた。

 最終組を待つ状況だったが、これで2位に3打差がつき、優勝は決定的に。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式ツイッターがラストパットの瞬間を紹介すると、ファンからは「こんな笑顔の初優勝新人は初めて見た気がする」「優勝決定づけるバーディフィニッシュは素晴らしい」「中学生みたいに可愛い感じでしたが強かった」「ニューヒロイン誕生に身震いした」「18番のバーディーは痺れた!!」と興奮した様子で反響が寄せられた。

 今大会は予選会から出場した川崎。この春、高校卒業したばかりで8月下旬の山陰ご縁むす美レディースでステップ・アップ・ツアー優勝をしているが、レギュラーツアーは10試合中6試合で予選落ちだった。「全然、信じられないです。うれしいです。プロテストに合格したコースがここだったので、思い出がありました」。はんなりとした京都弁も印象的な19歳の躍進は、まだ始まったばかりだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集