[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本女子プロは「THE・関西」の難コース 大阪出身の西村優菜は歓迎「回り慣れてます」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯が8日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で開幕する。7日はプロアマ戦が行われ、今季2勝の西村優菜(スターツ)が会見。起伏の激しいコースを回った印象を「“THE・関西”のゴルフ場」と表現した。メジャー大会は、昨年5月のワールドレディスサロンパス杯を制しているが、再びビッグタイトルを手にするべく、今大会にピークに合わせてきたことも明かした。

西村優菜【写真:Getty Images】
西村優菜【写真:Getty Images】

8日から日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯が8日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で開幕する。7日はプロアマ戦が行われ、今季2勝の西村優菜(スターツ)が会見。起伏の激しいコースを回った印象を「“THE・関西”のゴルフ場」と表現した。メジャー大会は、昨年5月のワールドレディスサロンパス杯を制しているが、再びビッグタイトルを手にするべく、今大会にピークに合わせてきたことも明かした。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 西村はプロアマを終え、6日に初めて足を踏み入れたコースの印象を語った。

「アップダウンがすごくて、(グリーンが)砲台の分、縦の距離感が難しい印象があります。“THE・関西”という感じのゴルフ場ですね。こういった雰囲気のコースは、(大阪府出身の私は)回り慣れています。ただ、すごく距離が残ってしまうと、高い球が打ちづらくなるので難しく感じます」

 本人も自覚する通り、西村は飛距離の出る選手ではない。だが、長いクラブでもピンを狙えるショット力、グリーン周りで見せる巧みなアプローチ、勝負強いパッティングで通算6勝を飾っている。そして、今季は19試合出場で予選落ちなし。欧州遠征後の最近3試合は、26位、2位、22位だが、今大会に向けてピークを合わせてきたことを明かした。

「気持ち的には(年間4試合の)メジャーにピークを持って行けるようにしていいます。自分で考えながら、感じながら、体調のことも相談しながら」

 22歳にしてあふれ出る強者の風格。優勝スコアは「12アンダー」と予想し、「自分的には16アンダーを目標に頑張りたいです」と前を見据えた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集