[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の字が「めっちゃキレイ」 三振喫した敵野手へ、粋なサイン対応にファン反応

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手の粋な対応に、日本のファンも注目した。5日(日本時間6日)の本拠地タイガース戦、大差がついた8回の打席で相手は野手が登板。外野手登録のコディ・クレメンス相手に見逃し三振となったが、記念球にサインをお願いされて快く応じた模様。英語でメッセージも入れられていたが「めっちゃ字キレイ」「他球団からも愛されている」などとSNS上で反響が集まっていた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

タイガース戦で三振喫した野手にサイン対応

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手の粋な対応に、日本のファンも注目した。5日(日本時間6日)の本拠地タイガース戦、大差がついた8回の打席で相手は野手が登板。外野手登録のコディ・クレメンス相手に見逃し三振となったが、記念球にサインをお願いされて快く応じた模様。英語でメッセージも入れられていたが「めっちゃ字キレイ」「他球団からも愛されている」などとSNS上で反響が集まっていた。

 本塁打2発を打ったタイガース戦。8回1死一塁の第5打席で大谷が対戦したのは、今季メジャーデビューした26歳コディ・クレメンス。あの大投手ロジャー・クレメンスの四男だ。9点差がついたための野手登板。緩いボールでファウルを打たされるなど1-2と追い込まれると最後は68.4マイル(約110キロ)を見逃し。三振に倒れた。

 これにコディはガッツポーズ。ベンチにボールを投げ、記念球として取っておくように味方に求めた。試合後には、大谷にサインをもらって額に入れるかも知れないと明かしたことが米記者に伝えられていた。一夜明けてインスタグラムのストーリー機能を使い、ケースに入ったボールの画像を投稿。そこには英語で「なんてエグイ投球なんだ!」とのメッセージと、大谷のサインが記されていた。

 米メディアもこの出来事に注目していたが、ツイッター上の日本人ファンからも大谷の粋な対応に反響が集まっていた。

「皆から好かれる訳だよ!」
「他球団からも愛されている」
「記念にもらったボールに大谷さんのサインまで入ってて草」
「しかも、めっちゃ字キレイ 大谷サンも楽しかったんだろねぇ」
「綺麗な字部門と人間性部門のダブルMVPも貰えるな」
「大谷いいヤツだよな」

 コディは野手登板では1点を失ったものの、1回を投げ抜いて役目を果たした。通算354勝、4672奪三振の偉大な父を持つメジャーリーガーにとっても、大谷は特別な存在だったようだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集