[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBで超特大152mアーチが誕生 衝撃の着弾地点に米ファン唖然「一瞬地球上から消えた」

米大リーグで驚愕の特大アーチが生まれた。6日(日本時間7日)、ブルワーズのクリスチャン・イエリッチ外野手がロッキーズ戦の初回に先頭打者本塁打。飛距離は何と152メートルで、左打者によるスタジアム記録を樹立した。球団公式ツイッターが動画を公開。米ファンの間では「一瞬、地球上から消えた」などと反響を呼んでいる。

初回に先頭打者本塁打を放つクリスチャン・イエリッチ【写真:ロイター】
初回に先頭打者本塁打を放つクリスチャン・イエリッチ【写真:ロイター】

ブルワーズ・イエリッチがロッキーズ戦で先頭打者本塁打

 米大リーグで驚愕の特大アーチが生まれた。6日(日本時間7日)、ブルワーズのクリスチャン・イエリッチ外野手がロッキーズ戦の初回に先頭打者本塁打。飛距離は何と152メートルで、左打者によるスタジアム記録を樹立した。球団公式ツイッターが動画を公開。米ファンの間では「一瞬、地球上から消えた」などと反響を呼んでいる。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 ナイトゲームながら、まだ明るさが残る中でプレイボールとなった一戦。ファンはいきなり度肝を抜かれた。初回、ブルワーズ先頭打者の左打者イエリッチは、相手先発右腕チャド・クールの4球目のチェンジアップを完璧にとらえた。打球はぐんぐん伸び、右翼手はすぐに追うのを止めて見上げるだけ。クアーズ・フィールドの3階席に着弾した。盛り上がるブルワーズベンチ。ボールを手にした少年は不思議そうな顔をしていた。

 特大12号ソロの映像をブルワーズ公式ツイッターが公開。さらに米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリストのベン・バーランダー氏も自身のツイッターで注目。この本塁打の飛距離は499フィート(約152メートル)で、標高約1600メートル地点にある“打者天国”として知られるクアーズ・フィールドの左打者史上最長本塁打となったと伝えた。

 唖然とする米ファンからは「一瞬、地球上から消えたかと思ったよ」「これがMVPイエリッチ復活になってほしい」といったコメントが。また、大谷フリークで知られるバーランダー氏のフォロワーからは「まるでオオタニ」「オオタニなら彼から三振を奪ってから550フィート(167.6m)を打つだろうね」といった声も上がっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集