[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、現地メディアが成績比較した日本の剛腕に米ファン興味「まだまだ成長する」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地タイガース戦で31号2ラン、32号ソロと2本塁打を放つ活躍を見せた。投手としても11勝、防御率2.58と活躍。そんな大谷と比較される日本プロ野球界の投手を米データ会社が紹介。2人の成績比較に米ファンからは「未来の大投手だ」「まだまだ成長する」などと反響が集まっていた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷と佐々木朗希をデータ会社が比較

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地タイガース戦で31号2ラン、32号ソロと2本塁打を放つ活躍を見せた。投手としても11勝、防御率2.58と活躍。そんな大谷と比較される日本プロ野球界の投手を米データ会社が紹介。2人の成績比較に米ファンからは「未来の大投手だ」「まだまだ成長する」などと反響が集まっていた。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 今季は100マイル(約161キロ)の新球ツーシームを披露するなど、投手としてさらに進化を見せる大谷。米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」が比較したのは、ロッテの佐々木朗希投手だった。同社は公式ツイッターで、NPBでの2人の成績を下記の通り紹介している。

佐々木朗:防御率2.13、9回平均被安打6.2、9回平均被本塁打0.5、9回平均与四球1.8、9回平均奪三振11.4

大谷:防御率2.52、9回平均被安打6.4、9回平均被本塁打0.4、9回平均与四球3.3、9回平均奪三振10.3

 大谷は日本の5年間で85試合に登板。佐々木朗はまだ29試合と登板数に開きがあるものの、ここまでは大谷の日本時代と遜色ない数字だ。佐々木の投球映像を公開している投稿文面では「ササキは11月3日に21歳になる」とその若さにも注目していた。

 米ファンからは「未来の大投手だ」「それに彼は193センチで77キロとかだからまだまだ成長する」「……彼は打てる?」などと興味を抱いた様子のコメントが寄せられていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集