[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1フェラーリ、混乱のタイヤ準備で生まれた“もう一つのミス”を英指摘「さらに醜態」

自動車レースのF1第15戦オランダGPは4日に決勝が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が地元で今季10勝目を飾った。カルロス・サインツJr.(フェラーリ)はピットストップのミスもあって8位に。タイヤ準備の遅れが生じていたが、その間に起きていた“もう一つのミス”を英紙が報じている。

ピットストップのミスもあって8位となったカルロス・サインツJr.【写真:ロイター】
ピットストップのミスもあって8位となったカルロス・サインツJr.【写真:ロイター】

サインツJr.は8位に

 自動車レースのF1第15戦オランダGPは4日に決勝が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が地元で今季10勝目を飾った。カルロス・サインツJr.(フェラーリ)はピットストップのミスもあって8位に。タイヤ準備の遅れが生じていたが、その間に起きていた“もう一つのミス”を英紙が報じている。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 序盤は3番手を走行していたサインツJr.。しかしピットストップの際にミスが生まれた。呼び戻す判断が遅れたことで、左リアタイヤの準備ができていなかった模様。大幅なロスが生じる中で“さらなるミス”も。路面に置いていたホイールガンが、後ろから来たセルジオ・ペレス(レッドブル)の走路上にあったため、後輪で轢かれてしまったのだった。

 この出来事を英紙「デイリー・スター」は「カルロス・サインツが『オーマイガー』と嘆き フェラーリがオランダGPのピットストップでタイヤ失念」との見出しを打った記事で報じた。「フェラーリがオランダGPで、増え続けるミスのリストに新たなものを加えた。カルロス・サインツのピットストップでタイヤを忘れたようだ」と伝えた後、こう記している。

「サインツがピットインした後、メカニックが3本のタイヤしか準備していなかったのは明らかで、足りないタイヤのために混乱していた」「3秒以上掛かる理由のないストップで12秒7も掛かった。パニックの中、ペレスの走行路にホイールガンが放置され轢かれるという、フェラーリにとってさらなる醜態をさらした」

 記事ではフェラーリのマッティア・ビノット代表が「めちゃくちゃだった。緊急でメカニックが準備できていなかった。レース後に見直す。明らかにミスだ」と英メディアに語っていたことも伝えている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集