[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、111球熱投中に見せた“アート”に米笑撃「大好き。ショウは素晴らしい」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で先発し、チームは2-1でサヨナラ勝ちした。大谷は今季最多111球を投じ、8回6安打5奪三振で1失点の熱投を見せたが、勝敗はつかず。米投球分析家は捕手とのサイン交換の表情を捉えた動画を公開し、「アート」と表現した。米ファンからは「首を振る時も優しい」「彼の中にはエルビスがいるみたい」と笑撃コメントが寄せられている。

アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で先発し、8回1失点と好投したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で先発し、8回1失点と好投したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平がマウンドで見せた表情とは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で先発し、チームは2-1でサヨナラ勝ちした。大谷は今季最多111球を投じ、8回6安打5奪三振で1失点の熱投を見せたが、勝敗はつかず。米投球分析家は捕手とのサイン交換の表情を捉えた動画を公開し、「アート」と表現した。米ファンからは「首を振る時も優しい」「彼の中にはエルビスがいるみたい」と笑撃コメントが寄せられている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷の表情が脚光を浴びた。捕手とのサイン交換をしている様子。汗だくで呼吸を整えながらゆっくりと首を振った。右の口角を上げ、ユニークな表情も。やや疲れた様子を見せながら、最後は頷いた。

 動画をツイッターに公開したのは、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏。「オオタニのサイン交換はパフォーマンス・アート」と記し、独特の表情に注目した。

 本人は決して意図しているわけではないだろうが、“顔パフォーマンス”に対し、米ファンも「大好き。ショウは素晴らしい」「彼はサインに首を振る時も優しい感じだね。笑」「首を振っているだけで気にしてないよ」と注目。「冗談抜きで、彼の中にはエルビスがいるみたいだ」と、伝説のロック歌手エルビス・プレスリーと重ね合わせる声も上がった。

 大谷は打者として4打数無安打1四球。今季12勝目はならなかったが、意外な場面が話題を集めていたようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集