[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大手術受けた39歳が衝撃の159キロ しかも99球目で米仰天「手術でロボットアーム搭載」

米大リーグ・アストロズのベテラン右腕ジャスティン・バーランダー投手が驚異の数字をマークした。サイ・ヤング賞2回、シーズンMVP1回の鉄腕は手術明けのシーズンながら圧巻のピッチングを展開。直近の試合では99球目に159キロの剛速球を投げ込み、米ファンを驚かせている。

アストロズのベテラン右腕ジャスティン・バーランダー投手【写真:ロイター】
アストロズのベテラン右腕ジャスティン・バーランダー投手【写真:ロイター】

16日のホワイトソックス戦の7回裏に投じた渾身の一球

 米大リーグ・アストロズのベテラン右腕ジャスティン・バーランダー投手が驚異の数字をマークした。サイ・ヤング賞2回、シーズンMVP1回の鉄腕は手術明けのシーズンながら圧巻のピッチングを展開。直近の試合では99球目に159キロの剛速球を投げ込み、米ファンを驚かせている。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 16日(日本時間17日)の敵地ホワイトソックス戦に先発したバーランダー。2点を奪われて3-3の同点とされた7回裏のマウンドで、驚くべき剛速球を投げた。打席の1番A.J.ポロックを2-2と追い込んでからの5球目。この試合99球目で、球速は何と99マイル(約159.32キロ)。高めの伸びる球で見事に空振り三振を奪った。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏は「ジャスティン・バーランダーが99球目に99マイル」との文言を添え、投球動画を自身のツイッターで公開。衝撃を受けた米ファンからは「バーランダー最高だ」「この世のものとは思えない」「39歳&トミー・ジョン手術経験者だぞ」「こりゃまたサイ・ヤング賞獲るな」「手術でロボットアームを搭載したのか」「39歳の投げる球ではない」「インクレディブル」などとコメントが寄せられている。

 39歳のバーランダーは2020年にトミー・ジョン手術を受け、翌21年シーズンは全休。今季復帰し、ここまで15勝3敗、防御率1.95という結果を出している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集