[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジョニー黒木の長女もロッテ“入団” 合格率4.5%、受験時に熱い檄「そんな甘くない」

父がエースとしてプレーした球団に、娘も“入団”した。今季からプロ野球・ロッテの公式チアパフォーマー「M☆Splash!!(エムスプラッシュ)」に加入したMEI(メイ)さんは、“ジョニー”の愛称で知られる98年の最多勝右腕・黒木知宏氏を父に持つ。

黒木知宏氏(左)の長女であるMEIさんが「M☆Splash!!」に加入【写真:球団提供】
黒木知宏氏(左)の長女であるMEIさんが「M☆Splash!!」に加入【写真:球団提供】

黒木知宏氏の長女・MEIさんはロッテ公式チアパフォーマーに今季から加入

 父がエースとしてプレーした球団に、娘も“入団”した。今季からプロ野球・ロッテの公式チアパフォーマー「M☆Splash!!(エムスプラッシュ)」に加入したMEI(メイ)さんは、“ジョニー”の愛称で知られる98年の最多勝右腕・黒木知宏氏を父に持つ。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 闘志を前面に押し出すプレースタイルで「魂のエース」とも評された黒木氏は、父としても熱い男だった。そんな黒木氏の長女であるMEIさんは、どんな経緯で「M☆Splash!!」に加入したのか。家庭での知られざる父の素顔とともに迫った。(聞き手:THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

 ◇ ◇ ◇

――お父さんがエースとしてプレーしていたロッテで、今年からチアパフォーマーの一員になりました。シーズンも半分が過ぎましたが、活動はどうですか。

 楽しいですね! 小さい頃から憧れていた、自分の好きな場所で踊れるので。まだまだやれること、足りないこともあるなと思いますが、思っていた以上にたくさんのファンの方に受け入れてもらっているなぁと感じています。

――昨年のオーディションは200人の応募があり、合格者はわずか9名。合格率4.5%と狭き門でしたが、いつから受験を考えていたのですか。

 本当は3年前にオーディションを受けたかったのですが、新型コロナウイルスの影響で一般のオーディションが開催されなかったので。去年はほとんどフリーで活動しながら、アルバイトをしつつレッスンも受けていました。母には常日頃から自分の活動や近況を伝えていたんですけど、父には応募申請を出した後に「そういえば、受けるんだ」くらいの感じで伝えて。最初はビックリしていましたが「頑張れ、でもそんな甘くないぞ」と言われました(笑)。

――熱い檄ですね。長女であるMEIさんの合格を知ったお父さんの反応はどうでしたか。

 もちろん喜んでくれました。あと「お前はいろんな覚悟をしなければいけない」とは伝えられましたね。「ジョニー黒木」っていう存在がありつつ、活動していくことも分かっていたので。

――「ジョニー黒木」といえば、ロッテファンに愛される好投手でした。現役時代のお父さんの記憶は、どんなものが残っていますか。

 正直、現役でバリバリ投げていた時のことはほとんど映像や記事で見ただけで、あまり記憶はないんです。自分が物心ついた頃には怪我をしていて、リハビリで(2軍の)浦和をずっと走っていたりしている姿の方が印象にあって、あまり投げている姿は見ていません。ただ、引退試合の記憶は強く残っています。

――2008年3月に本拠地で行われた引退セレモニーは、オープン戦だったにも関わらず満員でした。引退登板を終えたお父さんに、MEIさんも花束を渡されましたね。

 マウンドに妹と2人で向かいましたが、幼いながらに球場の凄い圧迫感、圧倒感を感じていて……普段ならマリーンズは応援の声量が凄いのですが、投げている時はホーム、ビジターともに“無”でした。父の声だったり、雄叫びを聞きたいがためにシーンとした緊張感が漂っていたのを凄く覚えています。

 そのあと、皆が「ジョニー!」と声をかけてくださったりしている中で、私も感極まるものがありました。グラウンドに地鳴りがするくらい凄い声援で、今でも鮮明に残っていますし、あの時以上の経験はありませんね。

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集