[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴルフ界に前代未聞のホールインワンが誕生 米笑撃「失望でクラブを落とした後に…」

米男子ゴルフで生まれた“ミスショット”のまさかの結末が話題になっている。ロケットモーゲージ・クラシックは28日、デトロイトのデトロイトGC(7370ヤード、パー72)で第1ラウンドが行われ、マーク・ハバード(米国)は11番パー3の第1打で落胆した様子を見せたが、これがカップイン。米ファンに「なんてこった」「まさに複雑な心境だね!」と笑撃を与えている。

マーク・ハバード【写真:ロイター】
マーク・ハバード【写真:ロイター】

PGAツアーで誕生、クラブを落とした“ミスショット”とは

 米男子ゴルフで生まれた“ミスショット”のまさかの結末が話題になっている。ロケットモーゲージ・クラシックは28日、デトロイトのデトロイトGC(7370ヤード、パー72)で第1ラウンドが行われ、マーク・ハバード(米国)は11番パー3の第1打で落胆した様子を見せたが、これがカップイン。米ファンに「なんてこった」「まさに複雑な心境だね!」と笑撃を与えている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 本人さえ騙された。216ヤードの11番パー3。ハバードはティーショットを放った直後にクラブを落とした。うなだれるように頭を垂れて明らかに落胆した様子だ。しかし、ボールはグリーン手前に着弾すると、バウンドしながらラインに乗ってピンに一直線。縁にかかりながらもカップへ吸い込まれていった。これには現地の実況席も「まさかこんな風に? 入った!」「ウェーイ!」と大盛り上がりだった。

 ショットから10秒間で起きた奇跡の展開をPGAツアー公式ツイッターが公開。文面に「大嫌い、大嫌い、大嫌い、大好き。マーク・ハバードがホールインワン」とつづった投稿には、米ファンから「最高だわ」「失望でクラブ落とした後ホールインワンした選手なんて今までいるのかな?」「なんてこった」「信じられない」「面白い!」「まさに複雑な心境だね!」とコメントが寄せられ、再生回数は190万回を超えた。

 33歳のハバードは2012年にプロ転向以降、PGAツアーでの優勝はまだないが、今季はバルバソル選手権で3位に入っている。この日は、思わぬホールインワンを含む1イーグル、4バーディー、2ボギーの68で通算4アンダーとし、首位と4打差につけている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集