[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前橋育英、13年ぶりの優勝に王手 名将・山田監督が感謝した「夏の特別ルール」とは

名将が、否定的だった「夏の特別ルール」に感謝した。徳島県で開催されている全国高校総体(インターハイ)サッカー男子は29日に準決勝を行い、前橋育英(群馬)はPK戦の末に前回準優勝の米子北(鳥取)を下して決勝進出を決めた。

PK戦を4-3で制した前橋育英、13年ぶり2度目のインターハイ制覇にあと1勝に迫った【写真:平野貴也】
PK戦を4-3で制した前橋育英、13年ぶり2度目のインターハイ制覇にあと1勝に迫った【写真:平野貴也】

全国高校総体サッカー男子、前橋育英が米子北をPK戦の末に破り決勝進出

 名将が、否定的だった「夏の特別ルール」に感謝した。徳島県で開催されている全国高校総体(インターハイ)サッカー男子は29日に準決勝を行い、前橋育英(群馬)はPK戦の末に前回準優勝の米子北(鳥取)を下して決勝進出を決めた。

 試合全体を通して前橋育英が主導権を握る時間の多いゲームだった。しかし、立ち上がりの15分は完全に米子北のペース。前線から精力的にプレッシャーをかけ、前橋育英が得意とするパスワークを寸断してショートカウンターを多く仕掛けた。前橋育英が右MF山田皓生(3年)をわずか15分で交代させたことからも、相手ペースに引き込まれていたことが分かる。前半16分にはミドルシュートをゴール枠内に飛ばされ、MF徳永涼(3年)がカバーする危険な場面もあった。試合時間が17分に差しかかったところで、夏の特別ルールである「クーリングブレイク」となり、両チーム全選手がベンチに下がった。

 前橋育英の山田耕介監督は「今まで、ブレイクタイムなんて必要ないと思っていたんですよ。(元来は)サッカーにない(ルール)じゃないですか。でも、今日は絶対にブレイクタイムが必要だと思いましたよ。本当に助かりました。あそこで冷静になって、リズムが変わってきた。ブレイクタイム様々という感じでした」と苦笑いで試合を振り返った。

 2016年に初めて導入された「クーリングブレイク」は、気温が高い場合、熱中症対策としてベンチなどの日陰で3分間の休憩を取るシステムで、主に夏場に採用される。これとは別に、ベンチ前で水分を補給する給水タイムも設けられるが、1分程度。クーリングブレイクは3分ほどあり、全員が1か所に集まって話し合える機会となるため、体を休めるばかりでなく、戦術確認等を行う時間としても機能する。そのため、本来ならば選手が試合の流れのなかで判断していくことをチームや指導者の力で補える部分があり、健康管理面ではメリットがあるものの、採用に否定的な意見もある。

 山田監督もその1人だったわけだが、この日はブレイクタイムに救われた。FW小池直矢(3年)は「最初は相手のペースで進んで、みんなが慌てたり、イライラしたりしていた。クーリングブレイクで監督の指示を受けて、みんなで冷静に一つになって、自分たちのペースになったので、そこは良かった」と、その雰囲気を振り返った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集