[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平出場試合で珍シーン 球審が自分で自分の“妨害”判定、ファン「勉強になる」

米大リーグの試合で珍しいシーンが生まれた。三塁走者を刺そうとした捕手が悪送球。走者は悠々ホームインしたが、走者の進塁が認められなかった。米記者がこの理由を説明すると、日米ファンからは「球審が原因だったのね」「勉強になった」などの声が寄せられている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

説明した地元紙記者「私は映像で確認しました」

 米大リーグの試合で珍しいシーンが生まれた。三塁走者を刺そうとした捕手が悪送球。走者は悠々ホームインしたが、走者の進塁が認められなかった。米記者がこの理由を説明すると、日米ファンからは「球審が原因だったのね」「勉強になった」などの声が寄せられている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 26日(日本時間27日)、ロイヤルズの本拠地で行われたエンゼルス戦。5回無死一、三塁の場面。飛び出したエンゼルスの三塁走者ゴセリンを刺そうと、ロイヤルズ捕手のMJ・メレンデスは三塁に送球。しかしこれが悪送球となり、三塁走者は悠々生還……かと思われた。

 しかし、球審は生還を認めず走者を帰塁させた。ゴセリンも理由が分かっていない様子。一見不可解なシーンだったが、この理由を米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番、ジェフ・フレッチャー記者が自身のツイッターで説明した。

 フレッチャー記者は「MJ・メレンデス捕手の先ほどの送球のことですが、腕が球審のマスクに当たっていることを私は映像で確認しました」と記して、接触の瞬間を写した画像を公開。続けて「盗塁阻止または牽制を試みた捕手のスローイング動作を球審が妨害した際、走者は進塁できない」という野球規則を記載している。

 なかなか見ることの無い球審の“妨害”。同氏の投稿に米ファンからは「ありがとう。理解した」「エンゼルスじゃなくて球審が原因だったのね」などの声が寄せられ、中継を見ていた日本人ファンからも「これは勉強になった」「バッターに責任はなかった」「納得いった」などのコメントが見られた。

 この試合に「1番・DH」で先発出場していた大谷翔平投手は先制21号ソロを放つなど3打数1安打1打点2四球の活躍。チームは6-0で勝利している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集