[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【世界陸上】1600mリレー日本男子、アジア新で歴代最高4位の大健闘 3位とは0秒79差に「本当にあとちょっと…悔しい」

オレゴン世界陸上が24日(日本時間25日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで最終日が行われた。男子4×400メートルリレー決勝では、19年ぶり決勝進出を果たした日本(佐藤風雅、川端魁人、ウォルシュ・ジュリアン、中島佑気ジョセフ)はアジア新記録2分59秒51で歴代最高4位で入賞となった。

歴代最高4位で入賞となった男子4×400メートルリレー日本代表【写真:ロイター】
歴代最高4位で入賞となった男子4×400メートルリレー日本代表【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が24日(日本時間25日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで最終日が行われた。男子4×400メートルリレー決勝では、19年ぶり決勝進出を果たした日本(佐藤風雅、川端魁人、ウォルシュ・ジュリアン、中島佑気ジョセフ)はアジア新記録2分59秒51で歴代最高4位で入賞となった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 1走の佐藤が上位争いでつなぎ、川端が2走でオープンレーンになると6、7番手につけた。7番手でもらった3走ウォルシュが4位に押し上げると、アンカーの中島も奮闘。米国、ジャマイカ、ベルギーに続き、4位でゴールに飛び込んだ。タイムは2分59秒51でアジア新記録となった。4位はアテネ五輪と並ぶ快挙だった。

 1位の米国は2分56秒17、2位のジャマイカは2分58秒58、3位のベルギーは2分58秒72で、日本はメダルまであと0秒79届かなかった。

 23日(同24日)に行われた予選、日本は米国、ジャマイカ、トリニダード・トバゴら強豪ひしめく組で3分1秒53の2着に入り、着順で決勝進出していた。この種目では03年パリ大会(7位入賞)以来、19年ぶりの快挙だったが、ファイナルの舞台でも日本勢最終種目として奮闘した。

1走 佐藤風雅「昨日のレースのように自分が展開を作っていく役割をしたかったけど、うまい流れをなかなか作れず、川端に後ろから勝負させる展開になった。1走としての務めを果たせなかった」

2走 川端魁人「最初からいったつもりだけど、うまく位置取りができなくて、自分のレースが終始できなかったのが悔しい。3走にうまくつなげなかったのは凄く悔しい」

3走 ウォルシュ・ジュリアン「本当に正直、ただたた悔しい。このメンバーで銅メダルを本当に狙っていたので。それが達成できなかったのは悔しい。でもまだ来年あるので、メダルはもうすぐそこだなと感じた。まだ誰も獲ったことないメダルにフォーカスして、悔しがるのは今日までにして。次に切り替えてメダルを目指して頑張りたい」

4走 中島佑気ジョセフ「本当に悔しい。このチームは今まででも最高のチーム。だからこそメダルが獲れる実力あると信じていた。メダルしかないという気持ちで挑んだ。本当にあとちょっとだったので、本当に悔しい。あの差が世界との差。そこを積めて、来年はリベンジしたい」

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集