[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【世界陸上】福部真子に100m障害日本記録更新された青木益未が愛ある称賛「次はボコボコにしたい」

オレゴン世界陸上は24日(日本時間25日)、米オレゴン州ユージンで大会最終日の第10日が行われた。女子100メートル障害準決勝では、福部真子(日本建設工業)が12秒82(追い風0.9メートル)の日本新をマーク。1組8着で準決勝敗退となったものの、高校時代にインターハイ3連覇を達成し、「天才」と呼ばれた逸材ハードラーが26歳にして快挙。日本記録を塗り替えられた青木益未(七十七銀行)は直後に13秒04(向かい風0.1メートル)の2組6着だったが、ライバルの快走を喜んだ。

青木益未【写真:Getty Images】
青木益未【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上は24日(日本時間25日)、米オレゴン州ユージンで大会最終日の第10日が行われた。女子100メートル障害準決勝では、福部真子(日本建設工業)が12秒82(追い風0.9メートル)の日本新をマーク。1組8着で準決勝敗退となったものの、高校時代にインターハイ3連覇を達成し、「天才」と呼ばれた逸材ハードラーが26歳にして快挙。日本記録を塗り替えられた青木益未(七十七銀行)は直後に13秒04(向かい風0.1メートル)の2組6着だったが、ライバルの快走を喜んだ。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 青木はこの組2番手のリアクションタイム0.123でスタート。途中でハードルに接触し、リズムを崩した。「スタートから前半は凄くよかった。途中でぶつけてもったいないけど、思い切りいけた。。周りはずっと見て参考にしてきた選手。その中で走ることが目標だった。準決勝の舞台でそのメンバーの中で思い切りいけたので少しはスッキリしています」と笑った。

 直前に自身の日本記録を福部が0秒04。しかも、T.アムサン(ナイジェリア)が12秒12で世界新記録も樹立した。青木は「レースは見ていなくて、結果だけしか入ってきていない。世界記録とわからず、真子ちゃんの結果しか見ていなくて。日本記録で82なので、それを見て自分もすぐに塗り返す思いで気持ちを強く持てたのはよかった」と振り返った。

 28歳の青木は東京五輪で予選敗退(13秒59)。今年4月に日本記録12秒86を叩き出した。日本選手権では福部に敗れて2位。布勢スプリントでは12秒台を2本揃え、好調ぶりを見せていた。今大会は4×100メートルリレーにも1走として出場。組7着の予選敗退に終わったものの、43秒33で11年ぶりの日本記録更新に貢献した。

 初出場の世界陸上。現地入り後は福部の姿を見て、「練習、アップ、レースを見ても、やっぱりあれだけ再現性が高く、最後までああいう動きができないとやっぱりタイムも出ない。そういう意味では自分より強いなと思いました」と学んだ。さらに福部からもアドバイスをもらったという。自身の前の日本記録保持者・寺田明日香を含め、切磋琢磨できる関係性についてこう語った。

「自分が86を出して、真子ちゃんが82を出して、自分が日本記録を塗り替えたから真子ちゃんが続いたわけで、それを見て自分も悔しいと思う。それを繰り返してどんどん強くなる。悔しい気持ちもあるけど、また追いかける立場になれるので思い切りいける。

(助言を)試したらバランスよくスタートからいけるようになった。それは今までにない感覚。この大会で凄くよくなった。本当に真子ちゃん“様様”だった。真子ちゃんも寺田さんも隠したりするより、(課題を)言い合えるのは凄くいい関係性。だから、どんどんハードルが強くなるのかなって思う」

 競り合いを歓迎しつつ、次は国内大会を見据える。「次はボコボコにしたいと思います」と冗談交じりに意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集