[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子200mぶっちぎりV ボルトまで0秒12差に迫った25歳に衝撃「鳥肌」「信じられない」【世界陸上】

オレゴン世界陸上が21日(日本時間22日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第7日が行われ、男子200メートル決勝ではノア・ライルズ(米国)が19秒31の世界歴代3位タイムで優勝した。あのウサイン・ボルト(ジャマイカ)の世界記録に0秒12と迫る好タイム。圧倒的な勝利に「信じられない」「鳥肌が立った」と米記者たちも仰天していた。

世界陸上男子200m決勝で優勝し、かめはめ波ポーズも披露したノア・ライルズ【写真:ロイター】
世界陸上男子200m決勝で優勝し、かめはめ波ポーズも披露したノア・ライルズ【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が21日(日本時間22日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第7日が行われ、男子200メートル決勝ではノア・ライルズ(米国)が19秒31の世界歴代3位タイムで優勝した。あのウサイン・ボルト(ジャマイカ)の世界記録に0秒12と迫る好タイム。圧倒的な勝利に「信じられない」「鳥肌が立った」と米記者たちも仰天していた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 世界の猛者をぶっちぎった。カーブを曲がり切った時点で先頭に立っていたライルズ。直線でさらに加速し、後続を一気に突き放す。圧倒的なそのタイムは19秒31。ボルトの19秒19まで0秒12と迫り、レース後はユニホームを引きちぎって感情を爆発させた。アニメ好きとしても知られる25歳。ドラゴンボールのかめはめ波ポーズも披露した。

 ボルト、ヨハン・ブレイク(19秒26)のジャマイカ勢に次ぐ世界歴代3位の走りで、1996年マイケル・ジョンソンの米国記録(19秒32)を26年ぶりに書き換えた。ツイッター上の米記者も驚きが隠せない様子。米スポーツ誌「スポーティングニュース」に寄稿経験のあるビリー・ハイエン記者は「男子200メートルでライルズより速いのはウサイン・ボルトとブレークだけ」と伝えた。

 米ニューヨーク州地元紙「ロックポート・ユニオン・サン」のニック・サバト記者は「ライルズのせいで、世界最速の男たちが遅く見えた。信じられない走り」とぶっちぎり優勝に驚き、米ケンタッキー州地元局「WLEX-TV」でリポーターを務めていたマリー・ジョ・ペリー記者も「鳥肌が立った。彼は燃えていた」とその走りを表現していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集