[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小池祐貴欠場は日本リレー陣に影響大 日本陸連・土江短距離D「核となる選手だった」【世界陸上】

日本陸上競技連盟は19日、オレゴン世界陸上男子200メートルに出場予定だった小池祐貴(住友電工)が新型コロナウイルス陽性判定を受けたことを受け、土江寛裕・短距離ディレクターのコメントを発表。今後控える4×100メートルリレーについての見解を述べた。

世界陸上男子200メートルに出場予定だった小池祐貴【写真:Getty Images】
世界陸上男子200メートルに出場予定だった小池祐貴【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 日本陸上競技連盟は19日、オレゴン世界陸上男子200メートルに出場予定だった小池祐貴(住友電工)が新型コロナウイルス陽性判定を受けたことを受け、土江寛裕・短距離ディレクターのコメントを発表。今後控える4×100メートルリレーについての見解を述べた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 今回、コロナ禍に見舞われているオレゴン世界陸上の日本勢。19日になって小池のほか、男子110メートル障害に出場した泉谷駿介、男子400メートル障害に出場した岸本鷹幸の3選手が陽性判定を受けたことを発表し、大会開幕後の日本選手団の感染者は選手6人、役員・指導者9人の計15人となった。

 そんな中で大きな打撃を受けることになったのは、22日(日本時間23日)に予選を控える男子4×100メートルリレー。今大会は東京五輪に出場した桐生祥秀や多田修平、山懸亮太が出場せず、小池を中心に調整してきただけに土江ディレクターは不安を隠しきれない様子だ。

「今回、若い選手が中心で、経験を積んだ核となる選手であったので、影響はとても大きい。ここまでベテランらしくとても調子を高めていたので、200m個人、リレーともにとても残念だし、何より本人の無念さを思うと言葉もない。現在準備ができている選手で戦うしかない」

 日本のお家芸ともいえるリレーの最大のカギを握るのがバトンパス。しかし、新型コロナウイルスが流行している現状で調整は簡単ではない。グループで練習することへの対策について土江ディレクターは「そもそも生活自体が大学寮を利用しての複数人の相部屋やシャワー、トイレの共有など、感染対策が難しい」とした上で「現在はチームドクターからの(本日のブリーフィングでもお話させていただいた)感染対策を徹底して気を付ける他ない。マスクをしてのトレーニングというのは難しいので、会話などは距離を保つなどの工夫を行っている」と話した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集