[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

地元選手の0.001秒差フライング失格に米国内で物議 有識者も「このルールはお粗末だ」【世界陸上】

オレゴン世界陸上は17日(日本時間18日)、米オレゴン州ユージンで第3日が行われた。グラント・ホロウェイ(米国)が13秒03(追い風1.2メートル)で連覇を達成した男子110メートル障害決勝で物議を醸したのは地元のデボン・アレン(米国)のフライング失格。リアクションタイムでわずか0.001秒に泣いた結果に対し、米国で大きな議論が沸き起こっている。

世界陸上、男子110メートル障害のデボン・アレン【写真:ロイター】
世界陸上、男子110メートル障害のデボン・アレン【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上男子110メートル障害でフライング失格のデボン・アレン

 オレゴン世界陸上は17日(日本時間18日)、米オレゴン州ユージンで第3日が行われた。グラント・ホロウェイ(米国)が13秒03(追い風1.2メートル)で連覇を達成した男子110メートル障害決勝で物議を醸したのは地元のデボン・アレン(米国)のフライング失格。リアクションタイムでわずか0.001秒に泣いた結果に対し、米国で大きな議論が沸き起こっている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 レース前に東京五輪王者ハンスル・パーチメント(ジャマイカ)がスタート直前の練習で故障棄権という波乱ムードの中で迎えた男子110メートル障害決勝。スタートの号砲の直後、フライングを知らせる2度目のピストル音の対象となったのはアレンだった。リアクションタイムは0.099秒。規定より1000分の1秒反応が速く、無情にもフライング失格の通告を受けた。

 これにはアレン本人も猛抗議し、取材エリアでは「自分が素早いのは知っているけど、これは残念だ」などと不満を口にしたが、ツイッター上で有識者の間からも疑問の声が噴出。2015年世界選手権米国代表で1万メートル銅メダリストのエミリー・インフェルド氏は「コンピューターにも誤差はあるはず。1/1000秒をミスやコンピューターのせいにするのは合理性を欠いてしまっている」と人知を超えているかもしれないアスリートの反応速度の計測についての限界を指摘している。

 今年4月にNFLフィラデルフィア・イーグルスとワイドレシーバーとして契約したアレンの才能を高く評価する元イーグルスのラインバッカー、エマニュエル・アチョ氏は「有能ゆえにアスリートが罰せられている」と擁護。これにはカナダ公共放送「CBCスポーツ」などで執筆しているNFLライターのジェフ・ケアー氏も「アレンが気の毒だ。あれはアレンのリアクションタイムであって、フライングではない。人間ができるギリギリの判定だ」と同調した。

 米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」などでスポーツアンカーを務めるケビン・ネガンディ氏は「このルールはお粗末」とバッサリ。米放送局「FOX」系列の「FOX16」のニュース番組でアンカーを務めるアシュレイ・キング氏も「もう同意できない! デボン・アレンが走るのを本当に楽しみにしていたのに」と衝撃の結末を残念がった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集