[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

23戦無敗の米ボクサー、元2階級王者が崩れ落ちた高速左フックに米興奮「キレキレだ」

7月16日(日本時間17日)に米カリフォルニア州で行われたボクシングのスーパーライト級12回戦で、元WBC世界ライト級暫定王者のライアン・ガルシア(米国)が元2階級制覇王者ハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ共和国)に6回KO勝ち。プロデビューからの連勝を23に伸ばした。試合を決めた高速の3連打に米ファンからは「朝飯前」「キレキレだ」と興奮の声が上がった。

6回KO勝ちを収めたライアン・ガルシア(左)【写真:Getty Images】
6回KO勝ちを収めたライアン・ガルシア(左)【写真:Getty Images】

元2階級制覇王者フォルトゥナに完勝

 7月16日(日本時間17日)に米カリフォルニア州で行われたボクシングのスーパーライト級12回戦で、元WBC世界ライト級暫定王者のライアン・ガルシア(米国)が元2階級制覇王者ハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ共和国)に6回KO勝ち。プロデビューからの連勝を23に伸ばした。試合を決めた高速の3連打に米ファンからは「朝飯前」「キレキレだ」と興奮の声が上がった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 素早く、的確な連打で相手の戦意を削ぎ落した。4回、5回とダウンを奪ったガルシア。決着は6回だった。フォルトゥナの顔面に左を入れると、そこから左右のパンチを連打。最後は左フックでダメージを追ったフォルトゥナは膝から崩れ落ち、マウスピースを吐き出した。立ち上がれず、レフェリーが10カウント。ガルシアのKO勝ちが決まった。

 実際の映像を米プロモート大手ゴールデン・ボーイ社ツイッターが公開。「3度目の正直で、ライアン・ガルシアがフォルトゥナに3度目でラストのダウン」と文面に記した。「ライアン・ガルシアのすごいパフォーマンス」「朝飯前」「ガルシアはキレキレだったね。フォルトゥナは全く対応できず」「本当に調子が良かったみたいだね。前の試合よりはるかに良くなっていた」「ガルシアの強烈なパフォーマンス」などと米ファンからも興奮の声が書き込まれていた。

 これでガルシアは23戦全勝(19KO)と負けなしを守った。今回はスーパーライト級で戦ったが、現在ライト級でWBC2位、WBA6位、IBF10位にランクされている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集