[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウンが歴史的快挙! 世界陸上男子100m日本人初の決勝進出、準決で堂々の10秒05

オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。男子100メートル準決勝では、サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が10秒05(向かい風0.3メートル)の1組3着。同種目では日本人初の決勝進出となった。決勝は同日午後7時50分(日本時間午前11時50分)に行われる。

オレゴン世界陸上、男子100メートル準決勝に出場したサニブラウン・ハキーム【写真:Getty Images】
オレゴン世界陸上、男子100メートル準決勝に出場したサニブラウン・ハキーム【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。男子100メートル準決勝では、サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が10秒05(向かい風0.3メートル)の1組3着。同種目では日本人初の決勝進出となった。決勝は同日午後7時50分(日本時間午前11時50分)に行われる。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 サニブラウンが歴史的快挙だ。ブロメル(米国)、ブレイク(ジャマイカ)ら世界の強豪がひしめく第1組、好スタートから序盤は先頭を伺う大接戦。後半も大きく失速することなく、シンビネ(南アフリカ)、ブロメルに続く3着。自動進出の2着は逃したものの、以降2組の結果、タイムで拾われ、決勝進出となった。

 レース直後には「いい形で出られたけど、後半はもっとまとめられた。強い選手はここで合わせてくるとものすごく感じた。決勝に残ったらもうよーいどんなんで全力でいってやろうかな」と話していた。

 1983年から始まった世界陸上では、男子100メートルで決勝に進出した日本人はいない。200メートルでは、03年パリ大会で末続慎吾が銅メダルを獲得。サニブラウンが17年ロンドン大会で7位入賞した。五輪の短距離では、1932年ロス大会100メートル6位の吉岡隆徳のみだ。

 サニブラウンは15日(同16日)の予選で9秒98(向かい風0.3メートル)をマークし、組1着だった。全体の上位11人で唯一の向かい風。好条件とは言えない中、6番手のタイムを叩き出した。9秒台は19年6月に自己ベスト9秒97を出して以来、自身3度目だった。

 16歳だった2015年北京大会は、200メートルで大会史上最年少の準決勝進出を果たした。19年ドーハ大会は100メートル準決勝でスタート時にピストル音が聞こえないアクシデント。出遅れたが、決勝進出まで0秒03に迫る10秒15(向かい風0.3メートル)だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集