[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウン、100m9秒98で予選通過! 自身3度目9秒台「リズムを感じながら走れた」【世界陸上】

オレゴン世界陸上が15日(日本時間16日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで開幕した。男子100メートル予選に登場したサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は、9秒98(向かい風0.3メートル)の7組1着で2大会連続の予選通過。坂井隆一郎(大阪ガス)は10秒12(追い風0.2メートル)の4組3着で準決勝進出を果たした。16日(同17日)に準決勝と決勝が行われる。

オレゴン世界陸上、男子100メートル予選で9秒98を出し準決勝進出を決めたサニブラウン・ハキーム【写真:ロイター】
オレゴン世界陸上、男子100メートル予選で9秒98を出し準決勝進出を決めたサニブラウン・ハキーム【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が15日(日本時間16日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで開幕した。男子100メートル予選に登場したサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は、9秒98(向かい風0.3メートル)の7組1着で2大会連続の予選通過。坂井隆一郎(大阪ガス)は10秒12(追い風0.2メートル)の4組3着で準決勝進出を果たした。16日(同17日)に準決勝と決勝が行われる。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 好スタートを切ったサニブラウンは、そのまま最後まで先頭を譲らずにフィニッシュ。19年6月に自己ベスト9秒97をマークして以来、自身3度目の9秒台をマーク。見事に準決勝進出を果たした。

 レース後のインタビューで、サニブラウンは「後半もリズム感じながら走れて、とてもよかった。観客の皆さんも盛り上がり、めちゃくちゃ大きな大会で楽しいですね」と笑顔を見せた。

 サニブラウンは昨年、腰椎ヘルニアに苦しんだ。東京五輪は100メートルで出場権を逃し、200メートルは予選敗退。1か月ほど陸上から離れ、昨秋にゼロから作り直した。今年6月の日本選手権は10秒08(追い風1.1メートル)で3年ぶり3度目の優勝。4大会連続の世界陸上切符を手にしていた。

 16歳だった2015年北京大会は、200メートルで大会史上最年少の準決勝進出を果たした。17年ロンドン大会も200メートル7位入賞。19年ドーハ大会は100メートル準決勝でスタートに遅れながら、決勝進出まで0秒03に迫っていた。

 坂井は4組で10秒12で走り、組3着で予選通過。サニブラウンとともに22日(同23日)の男子4×100メートルリレーにも出場する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集