[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

競歩・山西利和が世陸V2の快挙! 池田向希が2位、7秒差一騎打ちのワンツーフィニッシュ

オレゴン世界陸上が15日(日本時間16日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで開幕した。男子20キロ競歩では、前回2019年ドーハ大会王者の山西利和(愛知製鋼)が1時間19分07秒で連覇を達成。東京五輪銀メダルの池田向希(旭化成)が1時間19分14秒の2位だった。

オレゴン世界陸上、男子20キロ競歩で1位でゴール後に日の丸を掲げた山西利和【写真:Getty Images】
オレゴン世界陸上、男子20キロ競歩で1位でゴール後に日の丸を掲げた山西利和【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上、V山西「薄氷の勝利」2位池田「勉強させていただいた」

 オレゴン世界陸上が15日(日本時間16日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで開幕した。男子20キロ競歩では、前回2019年ドーハ大会王者の山西利和(愛知製鋼)が1時間19分07秒で連覇を達成。東京五輪銀メダルの池田向希(旭化成)が1時間19分14秒の2位だった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 スタート直後から山西が前に出た。いきなり池田らの2位集団を引き離すペース。1キロ地点は4秒差の3分55秒で通過した。その後も独走したが、3キロ半付近の給水前で池田とともに集団の中へ。しかし、5キロ過ぎに再び山西が先頭に立つなど、何度も入れ替わった。池田は終始、他の選手の後ろにつく形でレースを進めた。

 先頭の山西が40秒33で10キロと通過。池田、住所大翔(順大)らとのタイム差はなく、3秒差に17人がひしめく集団で折り返した。徐々に縦長になっていく集団。終盤は山西、池田、サムエル・イレリ・ガシンバ(ケニア)、ペルセウス・カールストロム(スウェーデン)の争いに。残り3キロ付近でカールストロムが脱落。最後は山西と池田の一騎打ちとなってデッドヒート。残り1周を切って山西が抜け出し、底力を見せた。

 レース後は抱き合って健闘を称えた。山西は「非常に暑く、ライバルもタフで離れてくれず、最後薄氷の勝利でしたけど、なんとか勝てて良かった。(池田は)東京五輪では負けた選手。何とかリベンジしたいという気持ちだった。1年1年、一つ一つの国際大会で勝ちきることをターゲットに、1つ1つ日々を積み重ねていきたい」と充実感を漂わせた。

 山西に続く2位だった池田は「(山西は)負けたくない、負けたくないライバルであり、頼もしい先輩。ああやって堂々と歩く姿勢を見て、勉強させていただいた。負けじと安定した成績を残せるように頑張りたい」と先輩を称えた。

 山西は京大出身の26歳。京都・堀川高3年時の13年世界ユース選手権1万メートル、京大4年時のユニバーシアードを制した。前回の世界陸上は日本人初の金メダル。東京五輪では厳しいマークを受け、銅メダルだった。今年3月の世界競歩チーム選手権も優勝。今大会前までの自己ベストは1時間17分15秒だった。

 池田は1998年生まれの24歳。東洋大3年時の前回19年ドーハ大会は6位入賞だった。昨季は東京五輪銀メダルにより、「日本陸連 アスレティックス・アワード 2021」でMVPに当たる「アスリート・オブ・ザ・イヤー」を受賞。今大会前までの自己ベストは1時間17分25秒だった。“みちょぱ”ことタレントの池田美優のハトコとしても知られている。

 初出場の住所は1時間20分39秒の8位、4大会連続出場の高橋英輝(富士通)は1時間26分46秒の29位だった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集