[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

●→○大谷→●●●●→○大谷→●●●●●→○大谷→● エ軍、大谷登板翌日また勝てず

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地アストロズ戦に「2番・DH」で先発出場。3打数1安打2四球だったが、チームは延長戦に2-3で敗れた。これで直近14試合を3勝11敗としているが、3勝は全て大谷が勝利投手となっており、それ以外では11連敗。米記者も「オオタニが投げる試合以外では6月27日以降勝っていない」と指摘している。

アストロズ戦に先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
アストロズ戦に先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

アストロズに延長戦の末敗れる

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地アストロズ戦に「2番・DH」で先発出場。3打数1安打2四球だったが、チームは延長戦に2-3で敗れた。これで直近14試合を3勝11敗としているが、3勝は全て大谷が勝利投手となっており、それ以外では11連敗。米記者も「オオタニが投げる試合以外では6月27日以降勝っていない」と指摘している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 前日のアストロズ戦では大谷の投打に渡る活躍で5連敗を止めたエンゼルス。この日は2-2の同点で延長に突入するも、奪われた1点を取り返せずに敗れた。これで今季39勝51敗、借金は12まで膨らんだ。

 エンゼルスで大谷以外の投手が勝利投手になったのは、6月27日(同28日)のホワイトソックス戦でシンダーガードが7回6安打3失点と好投し、5勝目を挙げたのが最後。大谷は6月29日(同30日)のホワイトソックス戦で7勝目を挙げるが、その後チームは4連敗。7月6日(同7日)のマーリンズ戦で大谷が決勝打&8勝目の躍動を見せて連敗を止めたが、そこからまた5連敗した。

 13日(同14日)は大谷が打っては2点三塁打を放ち、投げても6回1失点12奪三振と力投。またもチームの連敗を止めてこの日を迎えていた。試合後、米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「今日は13三振を喫した。シリーズ全体だと42三振。この試合の残塁は14。エンゼルスは39勝51敗、首位とは20ゲーム差離れている。オオタニが投げる試合以外では6月27日以降勝っていない」とツイッターに投稿していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集