[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、過去2試合投げていなかった“150キロ変化球”に米記者称賛「見事だった」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。打っては2回に自らを援護する2点三塁打を放ち、投げては12奪三振の力投で6回4安打1失点。メジャー自己最多タイとなる9勝目を挙げた。米記者は過去2試合で投げていなかったという変化球に注目。「それは見事だった」と称賛している。

6回12奪三振1失点の好投で9勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
6回12奪三振1失点の好投で9勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

アストロズ戦で9勝目&12奪三振をマーク

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。打っては2回に自らを援護する2点三塁打を放ち、投げては12奪三振の力投で6回4安打1失点。メジャー自己最多タイとなる9勝目を挙げた。米記者は過去2試合で投げていなかったという変化球に注目。「それは見事だった」と称賛している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 投げては12奪三振を記録し、日本人投手では野茂英雄以来2人目の4試合連続2ケタ奪三振となった大谷。快投を引き出した変化球に注目したのは、米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者だった。

 4回1死一塁で対戦したマティエビッチに対し、内角低めに投じた93マイル(約149.6キロ)の小さく曲がる変化球。空振りを奪ったのはカットボールだった。実際の映像をツイッターに公開したマグワイア記者は「ショウヘイ・オオタニは過去2試合で1球もカットボールを投げていなかった。スプリットが機能しなかった今夜、カットボールを再び投げ、それは見事だった」と伝えた。

 この日は100マイルを超える剛速球に加え、スライダーやカーブも交えて好投した大谷。150キロ近い高速のカットボールも使って強豪アストロズを抑え、チームの連敗を5で止めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集