[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平を「LAから出してやれ」 米レポーターがトレード懇願「球界のためのお願い」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回4安打1失点で12奪三振、打っても自らを援護する2点三塁打を放つなど、7-1の勝利に貢献。メジャーでは自己最多タイの9勝目を挙げた。投打に貢献を続けているが、一方でチームはア・リーグ西地区4位と振るわず。トレードの可能性が話題に上がることも増えたが、米レポーターは「野球界のためにお願いだ。スターたちを今すぐトレードしてくれ!」などと主張している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷はアストロズ戦で投打の躍動

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回4安打1失点で12奪三振、打っても自らを援護する2点三塁打を放つなど、7-1の勝利に貢献。メジャーでは自己最多タイの9勝目を挙げた。投打に貢献を続けているが、一方でチームはア・リーグ西地区4位と振るわず。トレードの可能性が話題に上がることも増えたが、米レポーターは「野球界のためにお願いだ。スターたちを今すぐトレードしてくれ!」などと主張している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 アストロズ相手に投打の躍動を見せ、またもチームの連敗を止めた大谷。23年オフにフリーエージェント(FA)となること、年俸面、チーム成績など様々な要因からトレードの可能性に言及する米メディアもあるが、米スポーツ専門局「ESPN」のレポーターのジャスティン・ティンズリー氏は現地時間13日に出演した同局の番組「アラウンド・ザ・ホーン」でトレードについて熱弁している。

 ディンズリー氏は自身のツイッターに出演時の動画も公開しているが、その中で「これは完全なるジョーク。スポーツ界で最も恥ずかしいストーリーだ」と切り出し、低迷するエンゼルスに厳しく指摘した。

 大谷のほかにもスター選手のマイク・トラウト外野手を擁しながら、エンゼルスは2014年を最後にポストシーズンに進出していない。ティンズリー氏は「トラウトが持っているのはポストシーズンでスイープされたことのみ。エンゼルスは6月、オオタニが投げた試合では5勝1敗。それ以外では6勝しかしていない。これはジョークであり恥だ。上層部を非難する」と強い口調で話した。

 さらに「野球界のためにお願いだ。スターたち(大谷とトラウト)を今すぐトレードしてくれ! エンゼルスに対する敬意はすべて失った。彼らを今すぐロサンゼルスから出してやれ!」と懇願していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集