[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

激闘V西村優菜、もう一つの「ウィニングパット」に喝采「渾身のガッツポーズが出た」

女子ゴルフの国内ツアー・ニッポンハムレディスは10日、北海道・桂GC(6763ヤード、パー72)で最終日が行われた。21歳・西村優菜(スターツ)が大会新の通算18アンダーで3週ぶりの今季2勝目。3打差の2位で出た野澤真央(愛知製鋼)との激闘を制した。15番では野澤が池ポチャのダブルボギーとした一方、西村はロングパットを沈めてバーディー。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が動画を公開すると、ファンから「これがウイニングパットだね」と歓喜の声が上がった。

今季2勝目を飾った西村優菜【写真:Getty Images】
今季2勝目を飾った西村優菜【写真:Getty Images】

逃げ切った西村優菜、渾身のガッツポーズを決めた場面とは

 女子ゴルフの国内ツアー・ニッポンハムレディスは10日、北海道・桂GC(6763ヤード、パー72)で最終日が行われた。21歳・西村優菜(スターツ)が大会新の通算18アンダーで3週ぶりの今季2勝目。3打差の2位で出た野澤真央(愛知製鋼)との激闘を制した。15番では野澤が池ポチャのダブルボギーとした一方、西村はロングパットを沈めてバーディー。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が動画を公開すると、ファンから「これがウイニングパットだね」と歓喜の声が上がった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 2度、西村の右拳は強く握られた。15番、残り8メートルのロングパット。スライスラインを描いたボールはカップに吸い込まれた。大きな拍手が注がれ、強気にガッツポーズ。同じ最終組の野澤も見守る中で強さを見せた。

 動画を公開したJLPGA公式ツイッターは、文面に「大きな大きなバーディー!!」「渾身のガッツポーズが飛び出しました」と記して投稿した。結果的に再び1打差に迫られたが、勝利を大きく引き寄せた一打だった。ファンから「これがウイニングパットだね」「強い!」「ナイスパットですよ」「西村のパットは凄いよな」「かっけぇ…」と興奮した様子のコメントが集まった。

 西村はこの日4バーディー、2ボギーの70で回ってツアー通算6勝目。優勝会見では、15番について「チャンスというほどの距離じゃなかったけど、上りのスライスラインで難しくはないなと。決められればいいなと思って打ちました。でも、これで安泰だとかは全く思わなくて、安心できなかったです」と振り返った。今後はエビアン選手権、全英女子オープンと海外メジャー2戦に向かう。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集