[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、10K&8勝目を生んだ“30キロ差の緩急”を元MLB選手が絶賛「爆発的すぎる」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地マーリンズ戦で8勝目を挙げた。7回2安打1失点(自責点0)、10奪三振の快投を元MLB選手も絶賛。相手を翻弄した多彩な投球の中でも「昨晩、際立っていたのはカーブだ」「爆発的すぎる」と脚光を浴びせていた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

デローザ氏が注目した大谷の投球とは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地マーリンズ戦で8勝目を挙げた。7回2安打1失点(自責点0)、10奪三振の快投を元MLB選手も絶賛。相手を翻弄した多彩な投球の中でも「昨晩、際立っていたのはカーブだ」「爆発的すぎる」と脚光を浴びせていた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 MLB公式テレビ局「MLBネットワーク」に出演したのは、ブレーブスなどで活躍し、2009年WBCで米国代表としてプレーしたマーク・デローサ氏だった。同局公式ツイッターが公開した動画の中で6日の登板を振り返り、「投球が並外れているだけでなく、どの球種にも油断できない」と注目。先発した過去5試合でスライダーの投球頻度が増えていることなどを紹介し、「昨晩、際立っていたのはカーブだった」と語った。

 デローサ氏は6回のギャレット・クーパーとの対戦に注目。100マイル(約161キロ)の直球で追い込んだ後、鋭く変化するカットボールとスライダーを2球外角に投げ込んだ。クーパーが見送ってカウントが3-2になると、大谷は81マイル(約130キロ)のカーブを内角に投げ込んで見逃し三振を奪取。直球とは実に30キロ差があり、デローサ氏は「驚異的なカーブ。全ての球種をカバーできるはずがない。爆発的すぎる」と伝えた。

 試合後にはマーリンズのマッティングリー監督にも「カーブは決め球として使っていた感じだった。スライダーに粘って、速球に粘ったら、カーブが落ちてくるんだ。手に負えなかったね」と言わしめた大谷の多彩な投球。デローサ氏は「昨晩見ていましたが、彼はレジェンドです。世界最大のアスリートにもなれる可能性がある」と脱帽していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集