[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス走者、騙されたボーンヘッドで一塁コーチにも米辛辣「最悪」「絶叫してよ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地アストロズ戦に「3番・DH」で先発出場。4打数1安打1打点だったが、チームは2-4でサヨナラ負け。このカード3連敗で借金7となった。この試合、安打で出塁したエンゼルス選手が、忍び寄る敵軍捕手の存在に気付かずタッチアウトとなる場面も。米記者は「警告しなかった一塁コーチはいい仕事をしたと言えない」と厳しく指摘している。

エンゼルスのテイラー・ウォード【写真:ロイター】
エンゼルスのテイラー・ウォード【写真:ロイター】

安打で出塁したウォードが痛恨のミス

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地アストロズ戦に「3番・DH」で先発出場。4打数1安打1打点だったが、チームは2-4でサヨナラ負け。このカード3連敗で借金7となった。この試合、安打で出塁したエンゼルス選手が、忍び寄る敵軍捕手の存在に気付かずタッチアウトとなる場面も。米記者は「警告しなかった一塁コーチはいい仕事をしたと言えない」と厳しく指摘している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 ボーンヘッドだ。エンゼルス1点リードの5回2死、4番のウォードが右前打で出塁。軽くオーバーランし、一塁ベースに戻ろうかというところだった。相手の二塁手アルトゥーベが一塁に山なりに送球。しかし、一塁手のグリエルはベースから離れており、誰もいないはず……。困惑したウォードは、ボールを受け取ろうかという仕草すら見せていた。

 しかし、背後にはアストロズの捕手マルドナドが忍び寄っていたのだ。直前で気付いたのか、ウォードも慌ててベースに足をつける。タッチされ、一度はセーフと判定されたが、リプレー検証でアウトに覆ってしまった。アストロズファンは大喝采だ。

 ツイッター上の米ファンからは“騙された”ウォードのミスを指摘する声もあったが、米記者らからはデーモン・マショア一塁ランナーコーチへ厳しい声も向けられた。米地元紙「ロサンゼルスタイムズ」のマイク・ディジョヴァンナ記者は「アストロズの捕手がテイラー・ウォードに忍び寄っていることを警告しなかった一塁コーチ、デーモン・マショアは良い仕事をしたとは言えない。こんなミスをしているようじゃ良いチームにはなれない」と辛辣だった。

 米地元ラジオ局「KLAA」の番組「スポーツ・ロッジ」でホストを務めるロジャー・ロッジ氏も「一塁コーチからはゼロヘルプ。最悪」と反応。マショアコーチは直前に何か言葉を発しているようではあるが、米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターは「一塁コーチにはここで絶叫してほしかった」ともっと大げさでよかったとした。

 ジョディヴァンナ記者の投稿には米ファンからも「残念なコーチ陣」「リトルリーグだ」「コーチは勝ちたくないのか」「残念ながらタフなシーズン」などとコメントが寄せられた。流れを変えられたエンゼルスはこの裏に同点に追いつかれ、最後はペーニャにこの日2本目の11号サヨナラ2ランを被弾。攻撃陣も球団ワーストの20三振を喫してしまった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集