[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

青木瀬令奈が「引退」を口にした食事の席 コーチが勧めた、大谷翔平流「懺悔ノート」

女子ゴルフの国内ツアーの資生堂レディス最終日が3日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われ、単独首位で出た青木瀬令奈(フリー)が6バーディー、3ボギーの69で回って通算14アンダーで優勝した。大会記録を2打更新し、昨年6月の宮里藍サントリーレディス以来、約1年1か月ぶりのツアー通算3勝目。2015年から青木を支えてきた大西翔太コーチも、「1年前からは引退も考えていたのに」と回顧。青木は会見でコーチへの感謝の思いを口にした。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

資生堂レディスで優勝した青木瀬令奈と大西翔太コーチ【写真:Getty Images】
資生堂レディスで優勝した青木瀬令奈と大西翔太コーチ【写真:Getty Images】

資生堂レディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアーの資生堂レディス最終日が3日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われ、単独首位で出た青木瀬令奈(フリー)が6バーディー、3ボギーの69で回って通算14アンダーで優勝した。大会記録を2打更新し、昨年6月の宮里藍サントリーレディス以来、約1年1か月ぶりのツアー通算3勝目。2015年から青木を支えてきた大西翔太コーチも、「1年前からは引退も考えていたのに」と回顧。青木は会見でコーチへの感謝の思いを口にした。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 青木が表彰式でスピーチしていた時、大西コーチが青木の「魂の一打」を振り返った。

「連続ボギーでスタートした後、3番の第2打とバーディーには魂がこもっていましたね。この1年、テーマにしてきたことが出せたと思います」

 文字通り、起死回生の一打。青木はそこから本来のリズムを取り戻した。10番パー4から勝負をたぐり寄せる3連続バーディー。大西コーチは「ここでも気持ちが入っていました。まさに魂を入れたショットが続きました。彼女が真剣にゴルフに向き合ってきた成果です」と表現した。

 昨年4月、調子が上がらない青木が、ふと弱音を吐いたという。

「食事をしていた時、『引退』という言葉を口にしたので驚きました。僕は『持っているアプローチとパットの技術を軸に、やれる限りやるべきだ』と伝え、ゴルフについて考えていることをノートにつけるように勧めました」

 その後も話し合いを続け、青木は大西コーチの「練習量ではなく、ゴルフにどれだけ向き合うかだ」の言葉に心を打たれ、同6月の宮里藍サントリーレディス第2日から、「懺悔ノート」を付け始めた。同大会でツアー2勝目。満足はせず、「また勝ちたい」の思いで好きなゲーム、漫画を断った。コースを離れてもゴルフのことを考え、「懺悔ノート」は6冊目に入ったという。大西コーチも自身を磨き続けた。

「大谷翔平選手が目標達成シートを書いてこられたことは有名ですが、ああいうのがお手本で、書いて考えを整理することが大事なんです。僕自身も書いていますし、よりよいコーチングをするために、栄養士やトレーナーの資格も取ってきました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集