[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海外ボクシングで「危険すぎ」の前のめり失神KOが話題「葬儀場送りだ」「救急車を」

海外ボクシングで2日、わずか170秒弱の失神KO劇が生まれた。オーストラリアで行われたミドル級ノンタイトル10回戦。アイザック・ハードマンが初回に右ストレートをお見舞い。ボー・ハータス(ともに豪州)を前のめりにダウンさせ、勝利を飾った。米メディアが動画を公開。海外ファンに「葬儀場送りだ」「救急車を呼べ」と衝撃を与えた。

アイザック・ハードマン【写真:Getty Images】
アイザック・ハードマン【写真:Getty Images】

海外ミドル級で衝撃KOが誕生

 海外ボクシングで2日、わずか170秒弱の失神KO劇が生まれた。オーストラリアで行われたミドル級ノンタイトル10回戦。アイザック・ハードマンが初回に右ストレートをお見舞い。ボー・ハータス(ともに豪州)を前のめりにダウンさせ、勝利を飾った。米メディアが動画を公開。海外ファンに「葬儀場送りだ」「救急車を呼べ」と衝撃を与えた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 強烈な一撃を食らわせた。初回残り14秒。ハードマンは相手のジャブにワンツーを合わせた。ハータスの両腕はダラリと落ち、そのまま頭から前のめりにズドン。すかさずレフェリーが試合を終わらせた。

 動画を公開した米スポーツ専門局「ESPN」のボクシング専門ツイッターは、文面に「アイザック・ハードマンはある理由から、『ヘッド・スプリッター(頭をかち割る者)』と呼ばれています」と記して投稿。海外ファンから「危険すぎる」「救急車を呼べ」「残忍だ」「ワオ。眠らせた」「送り先は病院ではなく葬儀場だ」「なんという強烈な一撃」と話題を集めている。

 13勝1敗としたハードマンは、地域タイトルを獲得してきた26歳。相手のハータスも6勝2敗で世界戦に比べれば決してレベルが高い試合とは言い難いが、豪快なKO劇にファンは沸いていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集