[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ドヤ顔でベンチに吠えた歴史的躍動 土壇場で飛び出た“確信立ち”の一撃【6月の二刀流】

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、6月は投手として5試合に登板して4勝1敗、防御率1.52。29イニング2/3で38奪三振をマークしたほか、打者としては打率.298、6本塁打、17打点をマークした。投手で月間4勝&打者で月間6本塁打はMLB史上初の快挙。歴史的な1か月を送った大谷の名珍場面を振り返る。今回は「打者編」。1試合8打点、15連敗阻止の逆転2ランなど印象的な活躍が目立った。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

4勝&6発の6月を振り返る、打者編

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、6月は投手として5試合に登板して4勝1敗、防御率1.52。29イニング2/3で38奪三振をマークしたほか、打者としては打率.298、6本塁打、17打点をマークした。投手で月間4勝&打者で月間6本塁打はMLB史上初の快挙。歴史的な1か月を送った大谷の名珍場面を振り返る。今回は「打者編」。1試合8打点、15連敗阻止の逆転2ランなど印象的な活躍が目立った。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

○21日(日本時間22日)本拠地ロイヤルズ戦「14号&15号連発で8打点の大暴れ」

 衝撃的の大暴れだった。まずは5点を追う6回、中越えに追撃の14号3ラン。飛距離423フィート(約128.9メートル)と大きな一発だった。大谷は打った瞬間に確信した様子。米ロサンゼルスの放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況、パトリック・オニール氏は「イッテラッシャーイ!」と日本語で絶叫していた。

 さらに3点ビハインドの9回、7番手バーローのカーブを完璧に捉えた。右翼席へかっ飛ばした打球は飛距離438フィート(133.5メートル)の特大弾。大谷は確信歩きならぬ“確信立ち”で打球を見送り、柵越えを確信すると味方ベンチへドヤ顔で咆哮した。この日は犠飛2本を含め8打点。翌日は投手として8回無失点13奪三振と力投した。8打点翌日に13奪三振をマークするのはメジャー史上初で、歴史的な2日間となった。

○15日(同16日)敵地ドジャース戦「9回土壇場でノーノー阻止の三塁打」

 大谷が大記録を土壇場で阻止した。相手先発タイラー・アンダーソン投手に9回1死までノーヒットノーランを継続されていたが、大谷が第4打席で右翼線三塁打。高めに入ったボールを右翼線にはじき返した。大谷は一挙三塁に到達し、敵地はため息。米紙「ワシントン・ポスト」のトラメル・ラッグス記者は「オオタニが、自分の前ではノーヒッター許さないぜ、と言った」とツイッターで伝えていた。

○9日(同10日)本拠地レッドソックス戦「15連敗阻止した逆転12号」

 球団史上ワーストの14連敗を喫して迎えたこの試合。「2番・投手兼DH」で先発した大谷は、1点を先取された5回1死一塁の第3打席に魅せた。相手先発ピベッタが投じたやや高めの速球を左中間へはじき返し、逆転の12号2ラン。一塁ベースを回ったところで拳を突き上げてガッツポーズし、力強く吠えた。

 7日(同8日)にはジョー・マドン監督が試合前に電撃解任されるも、連敗が止まらなかったエンゼルス。米ロサンゼルスのラジオ局「KLAA」の番組「エンゼルス・リキャップ・ポッドキャスト」でホストを務めるトレント・ラッシュ氏も「ワンマンショーだ!」ツイッターで称賛したように、大谷はこの試合投手としても7回4安打1失点と力投して4勝目をマークした。

 打者として6月は打率.298、6本塁打、17打点。OPS.972と活躍した。投手としても月間4勝とチームを投打に支えた二刀流には、月間MVP受賞の期待もかかる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集