[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

失点しない大谷翔平、要因は“最新技術”? 米記者が持論「オオタニは見事適応した」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6月だけで4勝を挙げる大活躍。過去の3先発で無失点、30奪三振など圧巻の投球を披露したが、米記者が好調の理由を考察。「最も明確な説明は? 現代化だ」と持論を展開している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

過去3先発で無失点30奪三振、米記者が考察「明確な説明は? 現代化だ」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6月だけで4勝を挙げる大活躍。過去の3先発で無失点、30奪三振など圧巻の投球を披露したが、米記者が好調の理由を考察。「最も明確な説明は? 現代化だ」と持論を展開している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 米スポーツメディア「スポーティングニュース」は、「破滅的なヤンキース戦後、ショウヘイ・オオタニのピッチコムへの変更が6月の圧倒的数字に導いた」との見出しでケビン・スカイバー記者の署名記事を掲載した。大谷の6月初先発となった2日(日本時間6月3日)の敵地ヤンキース戦について「残酷な先発だった」と注目。3本塁打を浴びるなど3回8安打4失点。変化のきっかけはこの試合だったという。

 スカイバー記者は、エンゼルスから解任される前のジョー・マドン監督が「ヤンキースは球種を読むのが本当に上手い」とコメントするなど“癖”を見破られていた可能性を示唆していたことを紹介。「それ以降、オオタニは見事に適応して見せた。最も明確な説明は? 現代化だ。それが歴史的な数字へと導いた」と指摘した。

 ピッチコムは、バッテリー間でサインを伝達する新技術で今季からMLBで導入された。捕手の手元のスイッチを押すと、投手の帽子に設置されたスピーカーから音声で球種が伝えられる仕組みだ。

 大谷はピッチコム自体は5月26日(同27日)のブルージェイズ戦から使用しているが、ヤンキース戦では序盤にピッチコムが故障したとされている。記事では、4月~5月が44回1/3に登板し防御率3.45だったのに対し、ヤンキース戦以降の過去4先発では同0.34と圧倒的であることに注目していた。

 大谷は過去3先発で無失点、30奪三振をマーク。米スポーツ専門局「ESPN」のスタッツを専門に扱うツイッター「ESPNスタッツ&インフォ」によると、3試合のスパンで同数字を記録したのは、ジョン・ラッキー、ノーラン・ライアンについで球団史上3人目の歴史的快投だった。新技術も駆使し、二刀流が調子を上げている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集