[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平も参戦の大乱闘を“超接近レポート” 臨場感に米注目「オオタニはどこに?」

26日(日本時間27日)の米大リーグ・エンゼルス―マリナーズ戦で起きた大乱闘により、両軍計8人が退場。27日(同28日)には、エンゼルスの9人、マリナーズの3人に対する出場停止処分が発表された。大谷翔平投手も参戦し、相手選手をなだめていたこのシーン。米メディアのネット越しレポートに、米ファンからは「オオタニはどこ?」「ウィンカー最高だ」などと思い思いのコメントが書き込まれていた。

26日マリナーズ戦、ウインカーに死球を与えたことで両軍がエキサイト【写真:ロイター】
26日マリナーズ戦、ウインカーに死球を与えたことで両軍がエキサイト【写真:ロイター】

26日マリナーズ戦、死球から両軍殴り合いの大乱闘に

 26日(日本時間27日)の米大リーグ・エンゼルス―マリナーズ戦で起きた大乱闘により、両軍計8人が退場。27日(同28日)には、エンゼルスの9人、マリナーズの3人に対する出場停止処分が発表された。大谷翔平投手も参戦し、相手選手をなだめていたこのシーン。米メディアのネット越しレポートに、米ファンからは「オオタニはどこ?」「ウィンカー最高だ」などと思い思いのコメントが書き込まれていた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 事の発端は2回、エンゼルスの先発ワンツが先頭打者ウインカーに死球を与えたことで両軍がエキサイト。殴り合いの大乱闘に発展した。審判の制止を振り切ったウィンカーはパンチを幾度も炸裂させたほか、エンゼルスは右手首の手術により今季絶望のレンドンが右手にギブスを付けたまま応戦。一方、大谷は興奮する相手コーチを後ろからハグするようにして制止し、水原通訳とともになだめていた。

 この一部始終を、ネット1枚を隔てた観客席から撮影した動画を米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターが公開。もみくちゃになる選手たち、ウィンカーのパンチなどを間近に捉えており、ネットがなければ巻き込まれていたであろう臨場感ある映像だ。

「乱闘、ここからの眺め」と文面に記された投稿。米ファンからは「オオタニはどこ?」「レンドン面白い」「ウィンカー最高だ」「ウィンカーめっちゃ着弾させているじゃん」「この角度はやばい」「美しい眺め」「すごい光景だ」などとコメントが書き込まれていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集