[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

シャフリヤール出走の英G1で「衝撃的事態」 目隠し外れず大出遅れ→最下位に英紙仰天

英競馬のG1プリンスオブウェールズS(芝1990メートル)は15日、アスコット競馬場で行われ、アイルランドのステートオブレスト(牡4、J・オブライエン)が優勝した。日本ダービー馬のシャフリヤール(牡4、藤原)も出走し、注目を集めたレースの発走で、英国のロードノース(セン6、J&T・ゴスデン)にアクシデントが発生。ゲート内で外す予定だった目隠しのメンコ(覆面)が取れないうちにゲートが開き、大出遅れ。海外メディアも「悪夢の瞬間」と伝えている。

G1プリンスオブウェールズSで英国のロードノースにアクシデントが発生【写真:ロイター】
G1プリンスオブウェールズSで英国のロードノースにアクシデントが発生【写真:ロイター】

G1プリンスオブウェールズSでロードノースが出遅れ、原因は「チークピーシーズ」

 英競馬のG1プリンスオブウェールズS(芝1990メートル)は15日、アスコット競馬場で行われ、アイルランドのステートオブレスト(牡4、J・オブライエン)が優勝した。日本ダービー馬のシャフリヤール(牡4、藤原)も出走し、注目を集めたレースの発走で、英国のロードノース(セン6、J&T・ゴスデン)にアクシデントが発生。ゲート内で外す予定だった目隠しのメンコ(覆面)が取れないうちにゲートが開き、大出遅れ。海外メディアも「悪夢の瞬間」と伝えている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 まさかの出遅れで、最下位に沈んだ。目隠しのメンコをつけ、最後にゲート入りしたロードノース。しかし、発走で大きく出遅れた。鞍上のデットーリがゲートを出て、走り出した直後にメンコを投げ捨てた。なんと、メンコを外す前にゲートが開いてしまったのだ。ゲート内の映像では、デットーリがメンコを外そうとしたが、引っかかったしまったことが原因。ロードノースは出遅れが響き、最下位の5着になってしまった。

 英専門紙「レーシングポスト」は「フランキー・デットーリが『衝撃的事態』に見舞われる 覆面を外し損ねる」との見出しで記事を掲載。「ITVレーシングの解説者で元ジョッキーのジェイソン・ウィーバー氏はアクシデントを『悪夢』と表現」と伝え、ウィーバー氏のコメントを伝えている。

 同氏は「フランキー・デットーリは覆面に手をかけていたが、チークピーシーズに引っかかっていたんだ。外れたときには遅すぎた。馬はゲートが開いたのが見えなかった。衝撃的事態だ。悪夢の瞬間でチャンスはなかった」と原因を明らかにしたという。

 また、英紙「デイリー・ミラー」は「フランキー・デットーリのロイヤルアスコットでの悪夢 60万ポンド(約9798万円)のレースでロードノースはスタートが見えなかった」との見出しで伝え、「フランキー・デットーリは、彼の馬がスタートを(覆面で)見られずロイヤルアスコットで悪夢を見た」と記していた。日本の期待を背負って出走したシャフリヤールは4着だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集