[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プレーヤーズ委員長・青木瀬令奈は3打差2位に納得いかず「情けない」「もっといい勝負を」

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯最終日が8日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われた。2位から出た青木瀬令奈(フリー)は、7バーディー、3ボギーの68で通算9アンダー。優勝の山下美夢有(加賀電子)には3打届かず、2位だった。第3日終了時で山下とは6打差だったが、逆転でのメジャー初優勝を「バリバリ意識しながら」プレーしていたという。29歳でプレーヤーズ委員長の好プレーに観客は大いに沸いたが、本人は「悔しい」と繰り返した。

通算9アンダーの2位で終えた青木瀬令奈【写真:Getty Images】
通算9アンダーの2位で終えた青木瀬令奈【写真:Getty Images】

国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯最終日

 女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯最終日が8日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われた。2位から出た青木瀬令奈(フリー)は、7バーディー、3ボギーの68で通算9アンダー。優勝の山下美夢有(加賀電子)には3打届かず、2位だった。第3日終了時で山下とは6打差だったが、逆転でのメジャー初優勝を「バリバリ意識しながら」プレーしていたという。29歳でプレーヤーズ委員長の好プレーに観客は大いに沸いたが、本人は「悔しい」と繰り返した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 青木は山下の脅威になり続けた。1番パー4からバーディーを奪い、前半だけで3つスコアを伸ばし、スタート前の差を6打から3打に縮めた。山下にも焦りの色が出て、11番パー4ではピンを狙った第2打をグリーンオーバー。スコアを落としたが、青木もバンカーショットを寄せられず、ボギーにしてしまった。

「(競う)相手と一緒にボギーを打ってしまい、情けないと思いました」

 12番パー5、15番パー3ではバーディーを奪うも、山下に入れ返された。最終的に3打差で終了。青木の気持ちの入ったプレーに観客は拍手を送り続けたが、本人は納得していなかった。

「もっと、いい勝負にして(山下を)揺るがしたかったですし、見ている方々にとって面白い展開にしかったです」

 プレーヤーズ委員長に加え、大会前にはJLPGAブライトナーの1人に選出され、広報役も務めることになった。責任感にあふれる29歳は、忙しい中でもスキルを高め、再び勝利を目指す。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集