[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、打者を膝から崩れさせた変化球に米衝撃 160km直後に「オオタニのKO勝利だ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地レッドソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投げては7回無失点11奪三振の快投で今季3勝目を挙げた。5回2死二塁のピンチでは切れ味抜群のカーブで打者に膝をつかせると、米ファンに「凄すぎ」「驚くべき男だ」と衝撃を与えている。

7回に三振を奪い、ガッツポーズを見せるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
7回に三振を奪い、ガッツポーズを見せるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ピンチでデバースに投じたカーブに米ファン「驚くべき男だ」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地レッドソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投げては7回無失点11奪三振の快投で今季3勝目を挙げた。5回2死二塁のピンチでは切れ味抜群のカーブで打者に膝をつかせると、米ファンに「凄すぎ」「驚くべき男だ」と衝撃を与えている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 打者を手玉に取った。0-0の5回2死二塁、左の強打者ラファエル・デバースを迎えた場面。100マイル(約161キロ)、99マイル(約160キロ)の速球を投じた後の3球目だった。大谷が投じたのは鋭く変化した81マイル(約130キロ)のカーブ。30キロの緩急と変化に、空振りしたデバースは思わずバランスを崩して膝をついた。

 実際の映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターに公開。「ショウヘイ・オオタニがKO勝利(81マイルのカーブ)」とつづり、空振り後にボクシングの審判がカウントする編集動画を投稿した。米ファンからは「凄すぎ」「驚くべき男だ!」「これを液体にして体内に入れてくれ」「史上最高だ」とコメントが寄せられていた。

 大谷は、1-2と追い込んだ5球目にスプリットでデーバスから見逃し三振を奪ってピンチ脱出。拳を握りながら、派手なアクションとともに「うりゃあ゛ぁぁ!」とこの日一番の雄叫びを上げた。11奪三振の力投を披露した大谷は、打っては4打数2安打1打点と活躍。8-0の勝利に大きく貢献した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集