[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

藤田さいき、ワクチン副反応でぶっつけ本番も11位浮上 発熱38度超「水曜まで寝込んでた」

国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース第2日が30日、千葉・浜野GC(6660ヤード、パー72)で行われた。36歳の藤田さいき(チェリーゴルフ)は、5バーディー、1ボギーの68で回って通算2アンダー。65位から11位に浮上した。25日に新型コロナのワクチン3回目接種を終えて副反応で発熱。練習ラウンドなしのまま試合に出場しているが、この日から体調が回復したという。宮里藍、横峯さくらと同じ1985年度生まれで、今季ドライビングディスタンスは2位、直近2試合もトップ10入りと好調を維持。要因は「深く考えず、楽しんでいるから」と明かした。首位は通算8アンダーのテレサ・ルー(太陽生命)、2位は通算6アンダーで西郷真央(島津製作所)。

パナソニックオープンレディースに参戦している藤田さいき【写真:Getty Images】
パナソニックオープンレディースに参戦している藤田さいき【写真:Getty Images】

国内女子ゴルフ・パナソニックオープンレディース第2日

 国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース第2日が30日、千葉・浜野GC(6660ヤード、パー72)で行われた。36歳の藤田さいき(チェリーゴルフ)は、5バーディー、1ボギーの68で回って通算2アンダー。65位から11位に浮上した。25日に新型コロナのワクチン3回目接種を終えて副反応で発熱。練習ラウンドなしのまま試合に出場しているが、この日から体調が回復したという。宮里藍、横峯さくらと同じ1985年度生まれで、今季ドライビングディスタンスは2位、直近2試合もトップ10入りと好調を維持。要因は「深く考えず、楽しんでいるから」と明かした。首位は通算8アンダーのテレサ・ルー(太陽生命)、2位は通算6アンダーで西郷真央(島津製作所)。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 会心のラウンドを終えた藤田が、自ら明かした。

「月曜日にワクチンを打って、38度を超える熱が出て、水曜日まで寝込んでいました。木曜日にはコースに来て、球は打ちましたが、すぐに帰りました。練習ラウンドはしていません。昨日も体がダルかったです。終わったらすぐに帰って寝ていました」

 しかし、今朝になると「少しいい感じになっていました」と言い、前半を36で乗り切り、後半は4バーディーで一気にスコアを伸ばした。キャディーは35歳でツアー7勝の吉田弓美子が担当。藤田は「選手なので選手の気持ちが分かって動きが速いし、距離計算も早い。パットが強目に入っていたら、『下りですよ』とささやいてくれました」と感謝した。

 調整不足をものともしない藤田は、直近2週は6位、2位と好調。この日の巻き返しで3週連続トップ10も見えてきた。さらに前週までのドライビングディスタンスは、252.50ヤードで全体2位につけている。36歳にして若手を凌駕する要因を問うと、「飛距離についてはオフに可動域を広げるトレーニングをしてきたのが良かったのかもしれません。その他は用具も含めて何も変えてはいないですが、何も考えずに楽しみながらプレーしているからですかね」と笑みを浮かべた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集