[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に被弾した右腕「イライラが溜まる」 最近11試合1勝、低迷中Wソックス救えず

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地ホワイトソックス戦に「4番・指名打者」で先発出場。初回の第1打席で11試合ぶりとなる4号ソロを放ち、勝利に貢献した。ホワイトソックスは最近11試合でわずか1勝。大谷に被弾したルーカス・ジオリト投手は試合後、「フラストレーションが溜まる」と振り返った。

初回に4号ソロを放ち、両手を挙げながら生還したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
初回に4号ソロを放ち、両手を挙げながら生還したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

初回に大谷など2被弾で先発右腕ジオリト「6回2死からもう1点与えたことが…」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地ホワイトソックス戦に「4番・指名打者」で先発出場。初回の第1打席で11試合ぶりとなる4号ソロを放ち、勝利に貢献した。ホワイトソックスは最近11試合でわずか1勝。大谷に被弾したルーカス・ジオリト投手は試合後、「フラストレーションが溜まる」と振り返った。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 4番・大谷にアーチが生まれた。同僚のウォードの先頭打者弾で先制し、2死走者なしで大谷の第1打席が回ってきた。カウント3-1からの5球目、高めの直球を左中間に運んだ。11試合ぶりの4号ソロ。相手先発ジオリトの出鼻をくじく一発となった。

 5-1で勝利したエンゼルスは6連勝と好調。しかし、対照的なチーム状況なのがホワイトソックスだ。最近11試合では8連敗もあり、わずか1勝。うち9試合で3得点以下と貧打に喘いでいる。それだけに、初回の2被弾が痛かった。

 地元紙「シカゴ・サンタイムズ」によると、6回3失点と力投しながら敗戦投手となったジオリトは試合後に「俺たちは戦えていたと思う」と振り返ったという。一方で、自身の投球内容については「(1-2だった)6回2死からもう1点を与えてしまったことにフラストレーションが溜まる」と語り、一塁走者・大谷を生還させた6回の失点を悔やんだ。

 大谷は5打数2安打1打点で勝利に貢献。出場2試合で連続複数安打をマークし、復調の気配を見せている。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集