[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上・多田修平、予選10秒57でA決勝進めず 土砂降り悪天候「自分の走り全くできない」

陸上・織田記念国際が29日、エディオンスタジアム広島で行われ、男子100メートル予選は多田修平(住友電工)が10秒57(向かい風0.7メートル)で組5着に終わり、A決勝進出はならなかった。

織田記念国際、男子100メートル予選で5着に終わった多田修平(右)【写真:奥井隆史】
織田記念国際、男子100メートル予選で5着に終わった多田修平(右)【写真:奥井隆史】

陸上・織田記念国際

 陸上・織田記念国際が29日、エディオンスタジアム広島で行われ、男子100メートル予選は多田修平(住友電工)が10秒57(向かい風0.7メートル)で組5着に終わり、A決勝進出はならなかった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 朝から土砂降りの雨が降り、気温も15度を下回る寒さ。厳しいコンディションの中、多田はベストレースをできなかった。レース後は「本当に自分の走りが全くできなかった。全体的に悪かったですね」と取材対応。「後半もよくない。緩めてしまった部分もある。反省して次に生かしていきたい」と5月8日のセイコーゴールデングランプリ(東京・国立競技場)を見据えた。

 自己ベスト9秒98の小池祐貴(住友電工)は10秒42(追い風0.3メートル)の組1着、全体トップで決勝進出。デーデー・ブルーノ(セイコー)は10秒89(向かい風2.4メートル)の組5着でA決勝に残れなかった。

 24日の出雲陸上決勝を10秒18で制した桐生祥秀(日本生命)は、右ハムストリングの違和感で欠場。昨年大会覇者で9秒95の日本記録保持者・山縣亮太(セイコー)は、右膝の手術明けで出場を見送った。

 今季は7月にオレゴン世界陸上、9月にアジア大会(中国・杭州)が開催される。世界陸上の参加標準記録は10秒05に設定され、6月9日開幕の日本選手権(大阪)で代表権を争う。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集