[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也も3メートル後ろで仰天 カブス一塁手の超美技に米騒然「セイヤの表情(笑)」

米大リーグ・カブスの一塁手が、鈴木誠也もびっくり仰天の超ファインプレーを演じた。28日(日本時間29日)のブレーブス戦で炸裂。米ファンからは「100%落ちると思った」「アメージングキャッチ」「キャッチした時のセイヤの表情(笑)」と驚きの声が上がっている。

カブスの鈴木誠也【写真:AP】
カブスの鈴木誠也【写真:AP】

カブス一塁手リバスが右翼への浅いフライを超絶キャッチ

 米大リーグ・カブスの一塁手が、鈴木誠也もびっくり仰天の超ファインプレーを演じた。28日(日本時間29日)のブレーブス戦で炸裂。米ファンからは「100%落ちると思った」「アメージングキャッチ」「キャッチした時のセイヤの表情(笑)」と驚きの声が上がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 カブスが1-2とビハインドとされた6回無死の守備、相手の4番オズナが打ち上げた打球はライト前方への浅いフライ。右翼手の鈴木が懸命に前進するが、深めに守っていたため、距離がある。その時、懸命にフライを追う選手が……。一塁手のアルフォンソ・リバスだった。ホーム方向に背を向け、凄まじいスピードで猛ダッシュ。そして、一度も振り返ることがないまま最後はボールに飛びつき、ダイビングキャッチに成功したのだ。

 およそ3メートル目の前まで迫っていた鈴木もグラウンドに転がったリバスをよけながらびっくり仰天の表情。立ち上がった同僚とハイタッチを交わし、超ビッグプレーを称えた。カブス公式ツイッターが「無人地帯。そこの住民はアルフォンソ・リバス」と動画付きで速報すると、ファンからも驚きの声が漏れている。

「立ち上がって座り直すことができない」「なんという素晴らしいキャッチ」「100%落ちると思った」「アメージングキャッチ」「ゴールドグラブだ」と絶賛の声のほか、「セイヤもにっこり」「キャッチした時のセイヤの表情(笑)」と鈴木の表情に注目した声も。また、日本人からは「誠也にとっては日本でも度々見たプレー」と広い守備範囲で外野も救ってきた菊池涼介になぞらえたような声も上がった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集