[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

武井壮からも届いた初V祝福メッセージは約400件 高橋彩華「返すのに5、6時間かかった」

国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディースが、29日から千葉・浜野GCで開催される。前日28日には、前週のフジサンケイレディスで涙のツアー初優勝を飾った高橋彩華(東芝)が会見。タレントの武井壮も含めて約400の祝福メッセージが届き、感激したことを明かした。同コースで開催の今大会には過去3度出場で予選通過はないが、今季は心身ともに充実。「勢いのあるうちに2勝目を」と目を輝かせた。

前週のフジサンケイレディスで見事初優勝を飾った高橋彩華【写真:Getty Images】
前週のフジサンケイレディスで見事初優勝を飾った高橋彩華【写真:Getty Images】

29日からパナソニックオープンレディース

 国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディースが、29日から千葉・浜野GCで開催される。前日28日には、前週のフジサンケイレディスで涙のツアー初優勝を飾った高橋彩華(東芝)が会見。タレントの武井壮も含めて約400の祝福メッセージが届き、感激したことを明かした。同コースで開催の今大会には過去3度出場で予選通過はないが、今季は心身ともに充実。「勢いのあるうちに2勝目を」と目を輝かせた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 高橋は穏やかな口調で、「思ったより、いつも通りの感じで試合に入れそうです」と言った。ただ、初優勝の反響が想像を超えていたことは明かした。

「メッセージは300、400という感じで、返すのに5、6時間かかりました。武井壮さんからもインスタで『おめでとう』と届きました」

 1998年度生まれ、「黄金世代」の高橋は昨季まで9度の最終日最終組を経験しながら未勝利。だが、雑誌の対談で交流した武井から「勝てなくても、その位置にいるんだからメンタル強いじゃん」と言われ、ポジティブになれた経緯がある。そして、今季2度目、通算10度目の最終組最終組でつかんだ初優勝。大反響を受けて、高橋は「自分の優勝を待っていた人がここまでいたのかと思い、感激しました。みなさんの言葉がうれしかったです」と感謝した。

 今大会については、「伸ばし合いについていけなかった」ことで、1度も予選通過はない。ただ、今季は出場8試合で優勝を含めて4試合でトップ10入り。好調を自覚する23歳は「2勝目の方が難しいと言われますが、勢いがあるうちにまた勝ちたいです。最終日最終組の怖さも少なくなると思うので」と前を向いた。

 29日の第1日、高橋は2週間前にツアー初優勝を飾った植竹希望、野澤真央と同組で午前8時にスタートする。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集